2017年GWも東北へ・その5(西川~小野川温泉~西吾妻スカイバレー~帰路へ)

道の駅 にしかわ
(道の駅にしかわの朝)

5月7日、この日は天気も回復して、まずまずの晴天。
9時過ぎに道の駅にしかわを出発して、R287号沿いの道の駅に立ち寄りながら米沢方面へ。

道の駅あさひまち
道の駅 あさひまち

新しい道の駅なので施設がきれいで、環境も良さそうなので、車中泊にも良さそうですよ。道の駅のとなりに蕎麦屋もありました。

道の駅あさひまち りんごの花
道の駅にしかわ りんごの花

道の駅の周辺にはりんご園があって、りんごの種類はわからないけれど、お花がキレイ♪


道の駅 白鷹ヤナ公園 最上川と鯉のぼり
道の駅 白鷹ヤナ公園

この日は、最上川が増水だそうでヤナまでは行けませんでした。

さらに進んで行くと、長井市にも新しい道の駅が出来ていました。

道の駅 川のみなと長井
道の駅 川のみなと長井

2017年4月21日にオープンしたばかりの道の駅だそう。全然知らなかったわ。最上川沿いでロケーションも悪くないし、市街地も徒歩圏なので外食や買物もなかなか便利かも。
この地域、いつの間にか道の駅の密集エリアになっているのね~。いつか、周辺観光地や温泉などを含めて、じっくり調査してみる必要がありそう(笑)。

米沢からは西吾妻スカイバレーを走って福島方面へ。

途中にある小野川温泉に立ち寄ってみました。
実は、小野川温泉には、昔、故あって2週間ほど滞在したことがあって、○○年ぶりの訪問である。なつかしくもあり、記憶が定かでない部分もあり、、、。当時滞在した旅館は今でもしっかり営業していました(多分)。ひと通り温泉街を散策して共同浴場へ。

小野川温泉 滝の湯 入浴料250円
小野川温泉 滝の湯

お湯は、無色透明でほんのり硫黄臭と塩分。やや熱めで、43℃ほど。かけ湯をして普通に入浴できました。

米沢ラーメン 龍華食堂
小野川温泉 竜華 米沢ラーメン

昼食は温泉街にある食堂にて米沢ラーメン。鶏ガラと鰹節・煮干のあっさりスープに細縮れ麺の米沢ラーメンで、昔ながらのなつかしい感じの中華そばでした。とても美味しかったですよ。

温泉街には、共同浴場が3箇所。ほかに温泉街の各旅館でも日帰り入浴が出来て、その時間に日帰り入浴可能か表示していて分かり易いので入りやすそう。温泉街はほどほどの人出で混雑はなく、なかなか気に入った。西吾妻スカイバレーはよく訪れる場所なので、個人的には温泉&ラーメンで定番の立ち寄りスポットになりそうである。


西吾妻スカイバレー 西吾妻山
西吾妻スカイバレー 西吾妻山

西吾妻スカイバレー 東鉢山七曲り
西吾妻スカイバレー 東鉢山七曲り

福島あたりまで来ると、標高が高い場所でも雪は少なくて、ノーマルタイヤでも不安はないですね~。途中、不意にニホンザルが現れたのでちょっとビックリ。


裏磐梯から猪苗代方面に下って、昨年11月にオープンした道の駅猪苗代に寄ってみました。

道の駅 猪苗代
道の駅 猪苗代

大きな道の駅で、新しいので施設はキレイ。道の駅というよりはサービスエリアみたいな雰囲気かな~。磐越道の猪苗代ICのすぐ前でアクセス良好。磐梯山の眺望も良好です。


帰りは、猪苗代ICから渋滞もなく自宅まで4時間半ほど。

今回の旅行では、期待していた桜は楽しめなかったけれど、5月6日以外は天候に恵まれて、山岳ルートのドライブと絶景は十分に楽しむことが出来ました。全体としてまずまずかな。
以上、2017年GWの車中泊の旅でした。

フリードスパイク 走行距離

[今回の走行距離] 1967.8km
[今回の平均燃費] 16.1km/l
 
スポンサーサイト

2017年GWも東北へ・その4(雫石~水沢温泉~道の駅にしかわ)

道の駅 雫石あねっこ
(雫石あねっこの朝)

5月6日、この日は朝からどんよりで、日中は夕刻まで雨の予報。
しばらくしてポツリポツリと。

田沢湖 たつこ像
田沢湖 たつこ像

とりあえず田沢湖に行ってみるが、既にしっかり降り出していて、この天気ではねえ・・・。

こんな状態なので、この日は温泉に入って、翌日の帰宅も考えて南に移動しようということに。
この地域の温泉といえば乳頭温泉が個人的に定番であるが、今回は悪天候なので山奥まで行く気にならず、まだ行ったことのなかった水沢温泉へ。

露天風呂 水沢温泉 入浴料500円
露天風呂 水沢温泉

泉質的には白濁の硫黄臭で、露天風呂はかなり広くて深さが1mあってプールみたい。泳ぎたくなったが、誰も泳いでいないのでやめておいた。いいお湯でしたよ。
その名称から共同浴場のような素朴な施設かと想像していたが、意外と立派な施設でした。自炊での湯治もできるそうです。


その後は、角館の武家屋敷に寄ろうかとも思ったが、本降りの雨なのでパス。
途中にある道の駅をのぞきながら南下する。


道の駅なかせん
道の駅 なかせん

昼食は道の駅なかせんで済ませた。生姜焼き定食にしたが、お米が美味しくておかわり自由、惣菜は地元のおっかあの手作りという感じで、悪くなかったですよ。

道の駅せんなん
道の駅 せんなん

道の駅おがち
道の駅 おがち

途中混雑もなく、順調に南下。

そうして、この日の車中泊予定の道の駅にしかわへ。

道の駅にしかわ 月山銘水館
道の駅 にしかわ 月山銘水館

去年の3月にリニューアル以降、レストランがランチのみになってしまって残念に思っていたが、5月3日に立ち寄った際にGW中はディナータイムも営業しているとのことだったで、この日の車中泊はこちらへ。

ディナーの営業と言ってもラストオーダーが18時半ということなので、さっそく地ビールレストランへ。

道の駅にしかわのレストラン まずは地ビールにソーセージをつまんで。
道の駅 にしかわ 月山銘水館

道の駅にしかわのレストラン 月山のめぐみ御膳
道の駅 にしかわ 月山銘水館

料理も以前とかわらず、地ビールも美味しい。
しかし、リニューアルして、フードコートのようになって1年以上経過するが、どうもしっくり行っていない様子かも。以前のほうが断然よかったと思うが、そんなこと言っても仕方ないか・・・。


道の駅にしかわで車中泊するのは今回で5回目だろうか。
(過去の記事: 道の駅にしかわ 月山銘水館
この日、車中泊組は20台くらいかな。GWなので多少の喧騒はあったけど、深夜は静かで問題なしでした。

2017年GWも東北へ・その3(碇ヶ関~八幡平~藤七温泉~雫石あねっこ)

道の駅いかりがせき 奥側の駐車場
(道の駅いかりがせきの朝)

5月5日、この日も快晴。
今回の車中泊旅行の3泊目になるが、そろそろお布団もジメっと。車中泊をした奥側の駐車場はガラガラで天気も良いので、リアゲートを開けて布団を乾かした。(こんなこと書くとまた怒られるか?写真も撮ったけど炎上マーケティングになりそうなので止めておきますw)
それはともかく、長期の車中泊旅行に出掛ける際には布団の乾燥も問題になりそうである。今から考えておかないと。

さて、この日の予定では、弘前公園の桜を見て、八甲田周辺の温泉に入って道の駅奥入瀬で地ビール\(^o^)/というつもりであったが、前日の桜の状態を見ても、弘前の桜は期待できそうにない。あらためてネットの花見情報を見ると既に「青葉」の状態に・・・。
そんな訳で弘前の予定はパスして、この日は1日前倒しで八幡平方面へ。


途中、まだ立ち寄ったことのなかった大湯環状列石に行ってみた。

大湯環状列石
大湯環状列石

遺跡の隣に「大湯ストーンサークル館」という資料館があったが有料なので入らなかった。
無料の遺跡のみを見学したが、案内板などはほとんどないので、知識がない者にはピンとこないし・・・。
それでも天気がよかったので気持ちよく散策できましたけど。
大湯環状列石では、あえて遺跡内に案内板や解説板を設置していないそうで、「大湯ストーンサークル館」で環状列石のことを知ってから遺跡を歩くのがおすすめだそうです。


道の駅かづの
道の駅かづの

道の駅かづのでそろそろお昼時。この日もイベントがあって賑わっていました。
ランチは簡単にラーメンにて。比内地鶏のスープだそうであるが、自分的にはちょっとくどかったかも。


そしてここ数年、毎年のように訪れている八幡平アスピーテラインへ。

八幡平 大深沢展望台より
八幡平アスピーテライン 大深沢展望台より

この日は快晴で、登って行くにつれて絶景の眺望が開けてきてテンションUP♪
遠くに月山や鳥海山も見えましたよ。天気も良くて楽しいドライブでした。

八幡平より岩手山
八幡平アスピーテライン 岩手山

八幡平アスピーテライン 雪の回廊
八幡平アスピーテライン 雪の回廊

雪の回廊は、前年よりは雪が多くて5m以上あったかな。場所によっては今にも崩れそうなところもあって、雪崩がちょっと怖い。

八幡平頂上への遊歩道
八幡平 頂上に向かう遊歩道

見返り峠では、晴天で寒くもなかったので、八幡平頂上への遊歩道を少しだけ歩いた。 しかし頂上までは行かない(笑)。足元がビタビタになるのは目に見えているので。


籐七温泉・彩雲荘と岩手山
藤七温泉・彩雲荘と岩手山

この日のお風呂は藤七温泉・彩雲荘へ。入浴料600円+ロッカー100円。
旅館の前の駐車場が満車だったので、200mくらい離れた公営の駐車場に停めました。
今回で2回目の訪問であるが、浴槽の床から湧き出る白濁の硫黄泉、開放的な露天風呂、やはりここはいい!

籐七温泉・彩雲荘 金精様
藤七温泉・彩雲荘の金精様

GWなので多少の混雑はあったが、混んでいても行きたい温泉ですね。露天が広いのでイモ洗いというほどでもなかったですよ。
入浴後、身体に滲み込んだ硫黄臭がまた楽しめる。体を洗うのがもったいない!(しかし、他人からすると臭いんだろなw)


入浴後は、R341を田沢湖方面へ南下して、この日の車中泊予定の「あきた芸術村」へ。
温泉施設、宿泊施設、地ビールレストランがあって車中泊も可能という情報があったので訪問してみました。

あきた芸術村 わらび劇場
あきた芸術村

しかし、、、到着して施設内を見学してみると、屋外にトイレが見当たらない。車中泊可能な場所であれば、たいていバンコンなどそれらしい車が居るものであるが、そういう車両が見当たらないし、道の駅でもないので、ちょっと違うのかも・・・。
うーん、地ビールレストランが名残惜しいが、この日は「あきた芸術村」での車中泊は断念して、道の駅雫石あねっこに移動することに。


しかも、雫石に向かうと、国道46号の仙岩トンネルで事故があって片側交互通行だそうで渋滞(´・_・`)

仙岩トンネルの事故により渋滞
仙岩トンネルの事故で渋滞

田沢湖町のスーバーで買い物していた時に救急車やら消防車やらがけたたましく出動して行くのを見ていたので、あとから思うとそうだったのか・・・と。
4年前に雫石あねっこで車中泊した時にも、仙岩トンネルで事故があって一時通行止めだったそう。事故が多い場所なのかも。その時は自分が通過した後だったのでよかったが、今回はついてないわ・・・。
結局2時間ほどのロスで、雫石あねっこ到着は8時半ごろ。既に食事処も温泉施設も営業終了 ○| ̄|_

しかたなく、雫石のコンビニまで買い出しに行くことにしたが、GWということもあり売り切れも多いし、ねえ。

夕食はコンビニ惣菜にて
夕食はコンビニ惣菜で

食事が残念なこともあり、最初の一杯はちょっと贅沢に銀河高原ビール!(それ以降は、糖質オフの発泡酒なんですけどねw)

そんな具合で、この日は道の駅雫石あねっこで車中泊である。
車中泊組は50台以上で混雑気味ではあったが、涼しい季節なので快適に過ごせました。
地デジ電波の悪い場所なので、こんな時こそAbemaTVを試せばよかったが、すっかり忘れていたわ。

2017年GWも東北へ・その2(岩城~大潟村菜の花ロード~きみまち坂~碇ヶ関)

大潟村 菜の花ロード

2017年5月4日、この日も快晴。8時40分に道の駅岩城を出発。
途中、秋田道で移動して、大潟村の菜の花ロードへ。

ソメイヨシノはほとんど散ってしまっていたが、どこまでも続く菜の花の絨毯と直線の道路。私にとっては夢のような景観で、とっても気持ちの良いドライブルートです。

大潟村 菜の花ロード
大潟村 菜の花ロード

日本一低い山 大潟富士
大潟村 大潟富士


その後は、翌日に弘前公園を予定していたので青森方面へ移動しつつ、途中、道の駅ふたつい(二ツ井)にて昼食とした。

道の駅ふたつい
道の駅 二ツ井

比内地鶏の親子丼
道の駅 二ツ井

比内地鶏は風味もまずまず。(しかし出汁が市販のものの味が・・・)

道の駅から300mほどにある「きみまち坂公園」がお花見スポットになっているので、行ってみた。

きみまち坂公園
きみまち坂公園

桜は半分くらい散っていたかな。それでも、背景に屏風岩が屹立しており、なかなか風光明媚な場所で気持ちよく散策できました。

さらに進んで、鷹巣中央公園にも寄ってみたが、ほぼ散っていて青葉に近い状態で・・・。
ウォーカープラスのお花見情報では、きみまち坂も鷹巣中央公園も満開の見頃となっていたが、まったく当てにならん!


道の駅やたて峠 大館矢立ハイツ
道の駅やたて峠 大館矢立ハイツ

この日のお風呂は、道の駅やたて峠にて。入浴料350円。旅館のフロントにある自販機で入浴券を購入して、お風呂は4階。普通に旅館の大浴場といった雰囲気。鍵付きのロッカーはありました。
泉質的には、黄土色、鉄分の多い塩化物泉でよく温まりそうなお湯でした(長湯したら疲れそう)。もちろん源泉掛け流し。この日は暑かったので、軽めの入浴で済ませました。

一応、道の駅登録されている施設であるが、ほぼ温泉旅館といった感じ。野菜の直売所などはないし、あまり道の駅らしくない施設であるが、奥側の駐車場は余裕がありそうで、温泉施設と夜まで営業しているレストランもあるので、車中泊には良いかもしれません。ただし、山間部なのでテレビは映らなそう。


そして、この日の車中泊予定の「道の駅いかりがせき」へ。

道の駅いかりがせき 関の庄
道の駅いかりがせき 関の庄

到着してみると満車に近い状態で混雑気味でした。奥の日帰り温泉側の駐車場が空いていたので、そちらに駐車して、道の駅の食事処へ(LO 19時30分)。着席まで30分ほど待った。

食事処「彩里(いろり)」 まずは長芋の餃子をつまんで
道の駅いかりがせき 関の庄

食事処「彩里(いろり)」 彩里御膳(だったかな)
道の駅いかりがせき 関の庄

この日は「道の駅いかりがせき 関の庄」で車中泊である。
ここで車中泊するのは2015年のGW以来で今回が2回目。
[過去の記事] 道の駅 いかりがせき(碇ヶ関) 関の庄

この日、車中泊組は50台以上で混雑気味であったが、奥側の駐車場はトイレから少し遠くなるものの、国道4号から離れているし、夜間はガラガラだったので、静かで快適に過ごすことができました。

道の駅岩城 アイランドパーク[車中泊スポット]

道の駅 岩城 アイランドパーク

2017年5月3日は、「道の駅岩城 アイランドパーク」にて車中泊。
国道7号沿いの本荘と秋田のほぼ中間にある道の駅で、岩城ICからも近くアクセスも良好。目の前に日本海が広がっていて、ロケーションがすばらしい。
過去に何度か訪れたことのある道の駅であるが、車中泊をするのは今回がはじめてである。


道の駅の施設


道の駅 岩城 アイランドパーク

道の駅の建物は、はじめて訪問した時はおやっと思ったが、岩城地区と友好の深いカナダのケベック州をイメージしたものだそう。(よく分かりません・・・。)

道の駅岩城の案内図
道の駅 岩城 アイランドパーク

道の駅の施設としては、物産館や鮮魚コーナーのほか、夜まで営業のレストランと温泉施設「岩城温泉 港の湯」があって、車中泊には便利な道の駅である。

岩城温泉 港の湯
道の駅 岩城 アイランドパーク

営業時間: 9:00~21:00(最終受付20時) 入浴料300円 
当日は、レストランが混雑したこともあり夕食が遅くなってしまって入浴できなかったが、日本海を望む露天風呂があるそうなので、入浴しながらでも夕日が見られそうです。もうちょっと長く営業してもらえると有難いが。 泉質は、ナトリウム-塩化物強塩泉とのこと。

オートキャンプ場が隣接
道の駅 岩城 アイランドパーク
 
道の駅にはオートキャンプ場が隣接していて、テントサイトは16区画、1泊 4,320円(税込)。


食事処が充実


道の駅 岩城 アイランドパーク
(こちらは軽食コーナー)

道の駅の食事処は、和食メニュー中心の「はまなす」、ステーキやカレー、パスタなどの「ケベック」、ラーメンやうどんの軽食コーナーなどがあり、なかなか多彩。レストランが夜も営業しているのは、車中泊には有難い。

道の駅 岩城 アイランドパーク

◇レストラン はまなす 営業時間: 4月~10月(夏季期間)11:00~20:00、11月~3月(冬季期間)11:00~19:00
◇レストラン ケベック 営業時間: 11:00~21:00 ※季節ごとの営業時間は不明


今回は、「レストランはまなす」にしたが、GWの混雑で着席まで30分ほど待ちました。

レストランはまなす まずはポテトをつまんで
道の駅 岩城 アイランドパーク

レストランはまなす 由利牛のステーキ
道の駅 岩城 アイランドパーク

まずまず。道の駅の食事処として、悪くはなさそうでしたよ。

あと、道の駅岩城では、本荘ハムフライバーガーというのが名物だそうで、5年前に訪問した時に食べた記憶があるが、どうだったかな・・・。覚えてないわ!


ロケーション抜群で夕日がキレイ


道の駅 岩城 アイランドパーク

道の駅岩城で特筆すべきは、目の前に日本海が広がっていて、沖合いには島式漁港もあり、ロケーションが抜群であること。
日本海に沈む夕日がとってもキレイでしたよ。夏は、夕日を見ながら海岸でビールなんて気持ち良さそう。

島式漁港 道川漁港
道の駅 岩城 アイランドパーク

道の駅のすぐ前には、島式漁港の道川漁港があって、本州ではじめての島式漁港だそう。
島式漁港とは、砂浜の沖合いに島の漁港を設けて、陸地と連絡橋で結ぶというもの。砂の移動が少ない沖合に漁港を造ることで、砂による漁港の埋没を防いで、浚渫(しゅんせつ)費用の軽減が期待できると考えられていたそう。しかし実際のところ、結構、漁港に砂がたまっていましたけどね・・・。

島式漁港 遠くに鳥海山
道の駅 岩城 アイランドパーク

島式漁港への橋は365mだそうで、散歩コースにもなっています。漁港では釣りもできます。
島の漁港にもトイレがあるので漁港でも車中泊できそう。

道の駅岩城の前の海岸
道の駅 岩城 アイランドパーク

海岸から男鹿半島が見えます。八郎潟付近の海抜が低いせいか、ここから見ると男鹿半島が島のように見えます。
車で海岸にも出られるので、海岸でキャンプしている車もいましたよ。(しかし四駆じゃないと怖いかも?)


道の駅岩城での車中泊の居心地


道の駅 岩城 アイランドパーク

まず、地デジ電波はなかなか良好。(手持ちのチューナーだと秋田プリセットだったかな?忘れた・・・)

トイレは、ウォシュレットなし。まあ普通かな。

静寂性については問題なさそう。岩城ICから南側は日本海東北自動車道の無料区間なのでそちらを通る車が多いようで、国道7号の交通量はさほど多くない。夜間は静か。
気になる点としては、道の駅の北側にある風車の近くは、騒音が気になる場合もあるかも? 過去に訪問した際に、風車付近が空いていたので駐車したら、耳鳴りのような音質高めの騒音があって気になったことがあった。今回の訪問では風車が止まっていたので問題なかったが、風車が回っているときは要注意かも。

道の駅岩城の駐車場
道の駅 岩城 アイランドパーク

思うところ、問題なのは駐車場の混雑状況で、普通車120台でキャパはそれなりにあるものの、過去にGWに4回ほど訪問しているが、人気の施設なので日中はいつも混雑している印象でした。日中にのんびりできる雰囲気ではない。(のんびりしたい場合は、第2駐車場か目の前の海岸、もしくは島式漁港へ)
それでも、GWであっても夜間は多少の余裕があったので、車中泊はまあ大丈夫かな。夏はどうなんだろう。

近隣の道の駅では、にしめ(西目)、おおうち(大内)、東由利、象潟と温泉施設併設で規模も大きくて快適な車中泊スポットが充実しているので、混雑が酷い場合は、そちらを考えてみても良いかもしれません。

混雑さえなければ、とても快適な車中泊スポットだと思います。


道の駅岩城 アイランドパーク
住所: 〒018-1301 秋田県由利本荘市岩城内道川字新鶴潟192-43
営業時間: 9時~20時
駐車場: 小型120台、大型20台、身障者用2台
http://michinoeki-iwaki.com/


プロフィール

kagekiyo2006

Author:kagekiyo2006
南房総で田舎暮らしをしています。2011年の東日本大震災以後、車中泊でふらっと出掛けることが多くなりました。おもに南房総での田舎暮らしとフリードスパイク車中泊旅行について書いています。あとは車中泊に便利なグッズの紹介なども。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ


FC2カウンター
PR



月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア