花火大会とミニトマトの収穫

夏の海岸
(近所の海岸にて)

この週末もお出掛けは出来ずに地元にて。
日中は時間が取れるのだけど、親の介護のことで夜間に不安があるので遠出は難しい。早くこの状態を何んとかしないと・・・。


22日(土)は、実家近くで花火大会があったので、徒歩で海岸まで見に行って来た。

実家の近くで花火大会
花火大会

花火大会

(やっぱり花火の撮影って難しい。と、毎回同じことを言っているのであるが、その間進歩がないという・・・。)

打ち上げ場所から5kmほどの距離がある場所なので臨場感はイマイチであったが、混雑もなく花火が見られたので良しとしておこう。
車で行けば近くで見られるのだけど、あそこの場合は無駄に交通規制があったりして行く気にならないのよね~。


ミニトマトの収穫
ミニトマト

自宅の庭では、ミニトマトが収穫期を迎えている。品種はアイコであるが、まだ収穫初期なので粒は大きいのだけど、皮が硬くて糖度もイマイチで、スーパーなどで売っているものと比べるとかなり見劣りするかな~。来年はほかの品種も試してみても良さそうか。
スポンサーサイト

夏の海辺での車中泊事情(関東沿岸部の話)

南房総市 白浜の海岸にて
(南房総市・白浜の海岸にて)

この週末は、2日間だけ時間が取れたので、近場の海岸沿いで車中泊。
南房総市・白浜の磯笛公園へと思っていたのだが、7月15日(土)が「白浜海女まつり」があるのをすっかり忘れていた。

白浜海女まつり
白浜海女まつり

山車が通過するのに少し足止めされました。
当然、野島崎周辺の駐車場はどこも満車状態。まだ、海女まつりは見たことがないのだが、祭の見物よりも混雑を避けることを考えてしまうのがなんとも・・・。ねえ。


そんな訳で7月15日(土)日は、道の駅ちくら潮風王国にて車中泊である。
この日、日中は30℃以上の真夏日であったが、夜の気温は25℃ほど。

この日の車中泊の夕食
道の駅ちくら潮風王国で車中泊

この日はイオンのお惣菜にて。悪くはないんだけど、ちょっと飽きてきたかな~。
それと、潮風王国の場合は地デジ電波が悪くてワンセグも映らないので、テレビはAbemaTVにて。最近、よく活用させてもらってます!

夏の海辺での車中泊の様子
道の駅ちくら潮風王国で車中泊

起きている間は、スライドドアとリアゲート全開で。
イスを出して潮風にあたりながらのビールは格別である。
海風があったので、車外はもちろん、車内でもスライドドアとリアゲートを開けておけば問題なく過ごすことができました。
と言っても、そんなことが出来るのも、駐車場が空いていればこそのことである。混んでいたらちょっとキツイかな~。

この日の車中泊組は15台ほど。連休なのでいつもよりは多めであるが、130台の駐車場に15台ほどなので、かなり余裕のある状態でした。
アイドリングしっぱなしの車も何台かいたけれど、夏の車中泊に慣れていそうな方は、皆さんスライドドアを開けて、イスを出して過ごしていました。

道の駅ちくら潮風王国の芝生広場
道の駅ちくら潮風王国

場所によっては、広い芝生広場に面している駐車枠もあるので、芝生スペースや空いた駐車枠にテントを張っている人も居ましたよ(笑)。
マナー云々言う人も居るだろうけど、ガラガラなんだからいんじゃないと個人的には思うがどんなものか・・・。


夏は標高の低いところで車中泊なんて無理であるかのように言う人もいるけれど、本当に夏に車中泊したことあるのか??? と思う。
海辺ではたいてい浜風があるので、風を通せば夏でもアイドリングせずに車中泊できることが多いです。

なので、自分にとっては、房総や伊豆などは夏でも車中泊旅行の選択肢になっている。
もちろん、湿度が高いので高原のような快適さはないし、朝は日の出と共に寝苦しくなって、7時前には起きてしまう。暑くて汗ばんだ状態で目覚めるのはあまり気持ちの良いものではない。
まあ、自分の場合は夜型で涼しい季節には9時まで寝ていたりするが、夏は早起きせざるを得ないから、かえって観光が捗るというメリットがあるとも言えるが。


夏の車中泊では虫対策が必須
どこでもベープ

夏の海辺での車中泊で必要と思うのは、まずは虫対策かな。蚊がブンブンいってる状態では寝られないもの。
個人的には乾電池式の「どこでもベープ」を使っているが、かなり効果的。
「押すだけベープ」がコスパがいいという話も聞くが、まだ試したことがない。買い置きのカートリッジを使い切ったら試してみますかね~。

あとは、ドアに被せるタイプの網戸を持っているが、脱着の手間があるのと目が細かすぎて風通しが悪くなるので、ここ数年使っていない。
USB扇風機も持っているが、風力が弱すぎるのでほとんど使っていない。団扇のほうがよほど実用的である。
個人的には、蚊取りと団扇があれば充分かなと。


ところで、今まで車中泊をしていて職質を受けたことが2回あるが、いずれも夏の季節であり、それも南房総エリアでのことである。
その時は、スライドドアとバックドア全開で、上半身裸でイスを出してビールを飲んでいた時のことなので、まあ仕方ないか(笑)。
しばし、缶ビール片手にお茶目なおまわりさんと歓談となりました。寝るときはしっかり施錠するようにとのこと。その日は運転はしないので、飲酒についてどうこう言われることはなかったですよ。
涼しい季節でドアを閉めて過ごしていれば、コンコンされることもそうはないのだろうけれど、夏の場合はドアが開いているケースが多くなるので声が掛かる機会が増えてしまうのかも知れません。そういうのが気になる方には、オススメできないか。

それと、夏の海水浴場などは、花火でやって来る家族連れが多くなって賑やかなこと。やんちゃな子達が深夜まで騒いでいることもあったりで、治安面でもやや懸念有りかも。

全体として、夏の海辺では海風があることが多く、風さえあれば車中泊も可能であるが、高温多湿で無風の状態だとキツそう。熱中症の危険もあるし、治安面で不安がないとも言えないので他人にオススメはできないが、自分の場合は夏の海辺の車中泊もアリかな、、、といったところ。

夏日とキュウリの収穫と

海岸でビール
(夏日は海岸でビール)

すっかり夏本番の陽気の今日この頃。
夕方、海岸に出てビールを飲むのが気持ちよい季節である。

週末は暑かったので、涼しいところにでも出掛けたいところであるが、最近は親の介護があって、しばらくお出掛けは難しいかも。介護の場合は、休みがなく、それがいつまで続くのか見えないのが辛いところである。さしあたり、ショートステイを利用して負担を軽減できればと考えていたが、思うように空きがなかったりで、それすらも上手く行っていない。

せめてお盆にはお出掛けしたいところであるが、それもかなうかどうか・・・。


庭のキュウリが収穫期
キュウリの収穫

さて、自宅の庭では、キュウリが収穫期を迎えていて、今年はフリーダムにしたがなかなか好調。毎日、スティックやキムチ漬けなどで食べているが、一人ではとても消費しきれないので、かなりの部分が廃棄になっている。かといって、漬物などで本格的に保存を考えるほどでもないし。

キュウリの収穫

もっと、少量づつ長期間収穫できると良いのだが・・・。
キュウリの場合は時期をずらして少しづつ植えるのが吉だろうか。


あとは、ミニトマトのアイコもちらほらと収穫できるように。
既に脇芽だらけのジャングル仕立てになっているが、手を掛けている余裕もないので仕方ない。

今日の記事はこれだけ。

南房総市 日運寺の紫陽花

日運寺の紫陽花
(房州のあじさい寺 日運寺)

この週末は、南房総市にある日運寺に紫陽花を見に行って来た。
房州のあじさい寺と言われるお寺だそうで、今まで全く知らなかったのだが、先日テレビで紹介されていてちょうど満開という情報だったので、訪問してみました。

日運寺の紫陽花
日運寺の紫陽花

日運寺の紫陽花

白いのは初めて見たかも。
境内には2万株の紫陽花が植えられているそうで、いろいろな種類の紫陽花があります。

当日は雨であったが、やはり紫陽花には雨が似合うかな。
開花状況としては、全般にくたびれた感じですかねえ~。先週末あたりが見頃だったでしょうか。


房総で紫陽花の名所と言うと、やはり麻綿原高原の天拝園であるが、あそこはアクセスが悪路な上にヒルが多くてねえ・・・。写真撮影に夢中になっていたら足元が血だらけになりそう。
(参考記事: 麻綿原高原・天拝園の紫陽花

日蓮寺の場合は、国道128号沿いからちょっと入った場所でアクセス良好、看板もあって分かりやすいです。
30台ほどの無料駐車場があります。当日は雨だったこともあり空いていました。気軽に行けてよさそう。


房州のあじさい寺 日蓮寺 案内図
日運寺の案内図

勝栄山 日運寺 (房州のあじさい寺)
住所:〒299-2525 千葉県南房総市加茂2124
電話:0470-46-2196
関連URL http://www.mboso-etoko.jp/cgi-bin/co_kanihp/info.asp?uid=207

富士山周辺の道の駅めぐり

6月18日(日)は、道の駅富士吉田を10時前に出発して、道の駅に立ち寄りながら富士山周辺をドライブ。

その前にまずは、富士吉田にある北口本宮富士浅間神社にお参りである。

北口本宮富士浅間神社 杉と桧の参道
北口本宮富士浅間神社

杉と桧の巨木が連なる参道は、凛とした空気で、いかにも神々の領域という雰囲気でした。
しかし、声が大きめの外国人観光客の団体がいてねえ・・・。

北口本宮富士浅間神社 拝殿
北口本宮富士浅間神社

北口本宮冨士浅間神社は、千九百年以上の歴史を誇る霊験あらたかな神社だそう。
お参りをして、その数日後のことになるが、御利益があったかも。有難や。


そして、河口湖方面へ。


道の駅かつやま
道の駅 かつやま

道の駅かつやま 芝生の広場
道の駅 かつやま

河口湖に面している道の駅で、湖岸に広い芝生の広場もあって、大きな道の駅ではないが、交通量は少ないし、静かでのんびりした空気が流れていて、いい雰囲気
しかし、水上バイクがうるさくて、その雰囲気をぶち壊していました。ウチの近所の海上でもそうだが、どこに行っても傍迷惑な連中だわ!水上バイク禁止にしたらいいのにと思う。水上バイクがマナーが悪くて騒音が迷惑なのは各所で言われているところで、そんな連中を野放しにするかどうか、リゾート地としての価値に関わる問題だと思いますよ。

それでも、夜は静かそうなので、車中泊にはなかなか良さそうかな。


道の駅なるさわ
道の駅 なるさわ

こちらは、大きな道の駅で駐車場も広いが、到着時は満車に近い状態でした。
道の駅なるさわは、以前は車中泊禁止だったと聞いたことがあるが、現在は「車中泊禁止」の表記はないみたい。
ただし、仮眠はOKだけど長期間の滞在はご遠慮下さいとの表記がありました。一泊の車中泊が長期間の滞在にあたるかどうか・・・。ちょっと気になるところである。
隣に入浴施設と夜間も営業の食事処もあるし、トイレはウォシュレット付き、施設的には良いんだけどね・・・。

こちらで、鳴沢菜のおやきを食べました。美味かった。


その後は、本栖湖の富士山ビュースポットを見に行こうと思っていたが、雲で富士山は見えそうにないので止めにしてR139を静岡方面へ。


道の駅朝霧高原
道の駅 朝霧高原

周辺は牧場が広がっていて、のどかな雰囲気。となりに「あさぎりフードパーク」もあります。
富士山が目の前で、敷地も広々としていてロケーション良好です。

しかし、この日の富士山は・・・。
道の駅 朝霧高原

この雲がうらめしい。


東名の渋滞が始まる前に帰りたかったので、富士宮やきそばはまたの機会にということにして、早めに帰路へ。
帰りはほとんど渋滞もなく大和TNを通過できて、スンナリと。


今回は、天気がイマイチで富士山は見えなかったけど、週末1泊のプチ旅行のルートとしてはまずまずかな。
富士山周辺には行ったことのない観光スポットも沢山あるし、新しいルートが一つ開拓できたということで、よしとしておこう。

[今回の走行距離] 491,6km
[今回の平均燃費] 15,8km/l

プロフィール

kagekiyo2006

Author:kagekiyo2006
南房総で田舎暮らしをしています。2011年の東日本大震災以後、車中泊でふらっと出掛けることが多くなりました。おもに南房総での田舎暮らしとフリードスパイク車中泊旅行について書いています。あとは車中泊に便利なグッズの紹介なども。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ


FC2カウンター
PR



月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア