季節の行事

20060730_umi.jpg


今週は海も穏やかで、潮の状態も悪くはなかったので、例によって海に入った。いつものポイントに潜るとすぐにクロダイが4匹寄ってきた。多分、先々週見たのと同じ魚だと思う。クロダイという魚は縄張り意識が強いらしく、同じ場所に潜ると同じ魚に出会うことが多い。
海底の岩を返してやると、岩の裏に付いたバフンウニをバクバクと食べる。しかし、たいていは食べているのは一番大きい奴ばかりで、小さいクロダイが食べようと寄ってくると、大きい奴が追い払ってしまう。
そういうわけで、大きい奴が食べてる隙に、ほかの魚にも食べさせてやろうと、少し離れた場所で岩を返してやったりする。
こんな具合で、魚と遊んで、1時間くらいで海から上がった。

今週は、刺青の一団がバスをチャーターして海水浴に来ていた。背中に竜の刺青で越中フンドシをした男たちが、磯遊びをしたり、バーベキューをしたりしている。
この手の人たちは、季節の行事をとても大切にしているらしく、毎年必ず見かける光景である。
こういう集団を見かけると、一瞬ビビッテしまうわけだが、他人に迷惑をかける訳でもなく、ゴミもちゃんと集めて集積場に出して帰るし、マナーは決して悪くは無い。
(それに対して、旅の恥はかき捨てとばかり、バーベキューのゴミをそこらに捨てて行く人も多い。最悪ななのは、周りの迷惑を全くかえりみないジェットスキーの連中である。彼らの振る舞いは、[今時めずらしい]暴走族とほとんど匹敵している。)
刺青を入れた大の大人がスイカ割りをしている光景などは、私としては少し微笑ましく思ってしまったりする。

野菜はというと、今週の収穫は、ミニトマト、米ナス、千両ナス、シシトウ、ピーマンであった。
20060730_shukaku1.jpg

20060730_shukaku2.jpg


ミニトマトは、あいかわらず好調である。果物のように甘くておいしいのだが、処分に困るほどである。また、雨のせいで割れてしまっているものも多い。

米ナスは今週大き目のが三つであった。しかし、新しい実が付いていないので、来週はお休みになりそうである。焼きナスで食べるのだ。

ピーマンは初収穫である。本来赤ピーマンなのだが、ほおっておくと虫に食べられてしまうことも多いので、赤くなる前に収穫した。

キュウリは、今週は収穫ゼロである。仕方なくスーパーで買うと、3本で258円もした。長梅雨の影響である。

オクラも収穫なしであるが、花が咲いていたので写真を撮った。来週は少しは収穫できるかな?
20060730_okura.jpg


今日、梅雨明けが発表された。いよいよ夏らしくなってきた。
夕方にはヒグラシも鳴いていて、夏らしさを感じる。
スポンサーサイト

ああ神様、お肉が・・・

20060723_umi.jpg


今週は、海も比較的穏やかだったので海に入ってみたら、大雨の影響か、ゴミだらけだった。葉っぱなどの川から流れてくるゴミである。入った途端これなので、1分で海から上がった。

そして、昼食は今週も海の家に行った。
例によって缶ビールと焼きソバを注文する。
そしたら、なんとなんと、今週は肉入りである。
ああ神様・・・。
20060723_yakisoba.jpg


こんな具合で、粗末な昼食である。メニューもラーメンとカレーライスと焼きソバとおでん、それとカキ氷しかない(しかも普通の食堂より割高)。我ながら、海の家に食事だけしに行く人間も珍しいと思う。がしかし、子供の頃のようなレトロな海水浴場の雰囲気が好きで、海の家に行く訳である。

最後はもちろんカキ氷である。今週はメロンにした。
20060723_kakigouri.jpg


野菜のほうはと言うと、元気なのはミニトマトだけである。
20060723_minitomato.jpg


キュウリは、今週は2本だけで、元気がない。日照時間のせいなのか、連作のせいなのかよく分からない。去年の今頃は処理に困るほど沢山採れていたのだが・・・。

千両ナスは、ミニトマトが育ちすぎて日が当たらなくなってしまって、あまり元気がない。収穫期間が長いので今後に期待。

ズッキーニは、今週は収穫なしである。葉っぱに勢いがなくて、もうダメそう。

オクラも収穫なし。

今週の収穫は、ミニトマト、米ナス、千両ナス、キュウリ、シシトウである。
20060723_shukaku1.jpg

20060723_shukaku2.jpg

今週、黄色のミニトマトがようやく収穫できるようになった。

海の家

今日は海の日である。

今日は曇りだったので海には入らなかったが、昨日は海に入った。沖からウネリが来ていて、潮は少し濁っていたが、海に潜って海底の岩をひっくり返してやると、40cmくらいのクロダイが寄ってきた。3匹である。前回潜った時はクロダイも警戒している様子だったが、今回は少し馴れたようで、手で触れられそうなくらいまで近寄って来て、岩に付いたバフンウニやイザラガイを食べている。
しばらく魚と遊んで海から上がった。

20060717_umi.jpg


近所の海水浴場では、今週から海の家が開いている。
穴の開いたトタン屋根の掘っ立て小屋である。
20060717_uminoie.jpg


砂だらけのゴザの上で、素っ裸の幼女を横目で見ながら、缶ビールを飲み、肉の入っていない焼きそばを食べる。海を渡ってくる湿った風が心地よい。

そして、〆はもちろんイチゴミルクのカキ氷である。

日本の夏を実感する一時である。


野菜のほうはというと、
今週はミニトマトが沢山採れた。
20060717_minitomato.jpg


桃太郎も実を付け始めている。が、赤く熟すのは何時のことやら。
20060717_momotaro.jpg


オクラは相変わらずあまり元気がない。今週は3本収穫した。
20060717_okura.jpg


今週の収穫はミニトマト、キュウリ、米ナス、千両ナス、シシトウ、オクラ、ズッキーニ、サラダ菜であった。今の季節、野菜だけなら自給できそうである。
20060717_yasai.jpg


米ナスは今年初の収穫である。2本収穫した。ナス、トマト、パプリカ、シシトウなどナス科の作物を思いっきり連作している場所に植えているが、今のところ大丈夫そうである。比較的、連作に強いのかもしれない。

近所のスーパーに行ったら、米ナス1個200円で売っていた。何となくニンマリ・・・。
まあ、どーでもいいけど。

ヤマモモ

今週は、沖縄にある台風の影響で、時々沖からウネリが来ていた。
2千キロの彼方からもウネリはしっかりとやってくるのである。
20060709_iso.jpg

こういう時は海が濁ってしまうので、今週は海には入らなかった。

家の庭では、ヤマモモ(山桃)が熟していた。
20060709_yamamomo.jpg

ヤマモモは実を沢山付ける時とそうでない時があり、年毎にちがうが、今年は実が付く年のようである。
実は、マツヤニのような独特の香りがあり、甘酸っぱくて、暑いときに食べると口がサッパリして心地よいが、沢山食べられるものではない。2・3個で十分である。
そういうわけで、今年のように沢山実ったときは、用途に困ってしまう。ジャムにするか、果実酒にするかである。ジャムは面倒なので、果実酒用に少し採ってきた。
ほかは、自然と実が落ちるに任せるしかない。放っておくと、ボタボタと地面に落ちて、足の踏み場もないくらいである。また、そのままにしておくと腐って腐敗臭を放つようになるので、仕方なく掃除をする。掃除をしている間にも実がポタポタと落ちて地面をよごすので、甲斐のない作業の繰り返しである。今の季節、少し動くと汗が噴き出してくるし、蚊取り線香を炊いても、30箇所くらい蚊に食われる。

夕方には、缶ビールを持って海岸に行く。上半身裸になって、潮風にあたりながらビールを飲むのが心地よい。この季節の日課であり、楽しみである。

野菜のほうはというと、
今週は米ナスが実を付け始めていた。
20060709_beinasu.jpg

来週あたりから収穫出来そうである。

今週の収穫は、ミニトマト、シシトウ、千両ナス、キュウリ、ズッキーニ、オクラである。
20060709_shukaku.jpg

ミニトマトはだんだん調子が出てきた。トマトは他にも何本か植えているので、9月くらいまでは自給できそうである。

キュウリは今週は3本であった。少し心配。

ズッキーニは小さいやつ2本だけである。どうも苗に勢いがない。

オクラは今週は1本だけである。ある程度収穫があれば、湯がいて刻んで、ネバネバをオカカと醤油でおいしいのだが、一本だけでは・・・。

帰りに果実酒用にホワイトリカーを買って帰った。

中田英寿

中田英寿の引退表明のニュースを聴いた。

彼がブラジル戦後にピッチに横たわって涙していた時、既にその決意を固めていたのだろうか。

私が初めて彼のプレーに驚かされたは、アトランタ五輪の時であった。当時日本のエースと目されていた前園が下を向いてドリブルする視野の狭いプレイヤーだったのに対し、日本人としては卓越した視野の広さとボディバランスで前線に効果的なパスを送っていたのは中田であった。そのプレーに感嘆したものである。その後の日本代表やセリエAでの彼の活躍は、彼の能力からすれば、何ら驚くべきことではなく、当然なのであった。

しかし、最近では、日本代表の中心選手ではあったものの、プレミアリーグでは、所属の中堅クラブでさえ出場機会に恵まれない状態であった。
そして、今回のワールドカップでも、持ち前の視野の広さと身体の強靭さは日本人としては際立っていたが、攻撃的センスやパスの正確性で小笠原や中村より見劣りしたのも確かである。実際、パスミスも目立っていたし、がっかりさせられるプレーもあった。

29歳になって、サッカー選手として衰えは確かにあったのだろう。徐々に、緻密さに欠けるプレーが目立つようになっていた。今後彼がプレーを続けたとしても、今まで以上のパフォーマンスを披露できるとも思えない。

それでも、彼の視野の広さは日本人選手として出色であったし、私は彼のプレーが好きであった。彼が歴代の日本人選手のなかでも最高のプレイヤーの一人であることは確かである。
29歳の若さで引退するのも少し残念にも思うが、それがまた中田らしいのである。

今後、日本サッカーは、次のワールドカップへ向けてゴールデンエイジからの世代交代に苦しむことになると思うが、オシムには期待している。

そして中田には、おつかれさま、と言いたい。
プロフィール

kagekiyo2006

Author:kagekiyo2006
南房総で田舎暮らしをしています。2011年の東日本大震災以後、車中泊でふらっと出掛けることが多くなりました。おもに南房総での田舎暮らしとフリードスパイク車中泊旅行について書いています。あとは車中泊に便利なグッズの紹介なども。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ


FC2カウンター
PR



月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア