デスクトップPCを処分

年末ということで、近頃ちょこちょこ家の掃除をしているのだが、気になっていたのが、長年使っていないデスクトップパソコンとCRTモニター。富士通FMVのWindows98のモデルである。
通常のリサイクル料金はCRTディスプレイで4200円、パソコン本体は3150円とか。放置していても邪魔なだけだし、後々負担になるだけなので、いい加減処分するかということに。

ネットで調べてみると、ちょうどキャンペーン中で送料無料で処分してくれるリサイクル業者さんが見つかった。
評判を調べてみても悪くないみたいで、特にトラブルも起きていない模様なので今回はこちらの業者さんにお願いすることにした。

パソコンファーム
http://www.highbridge-computer.jp/recycle/


それで、リサイクルに出すとなると、やはり気になるのがハードディスクのデータである。
一応、業者さんの側でデータ消去をしているとのことであるが、やはり不安ではあるので、自分でもデータを消去。

今回使用したのは、「DESTROY」というフリーウェア
http://www.vector.co.jp/soft/dos/util/se196626.html

手順は、フロッピーでDOSのブートディスクを作成して、そこに「DESTROY」をコピーして、フロッピーからPCを起動して「DESTROY」を実行するというものであるが、
これがあまりにも久しぶりなことなのでけっこう手間取った。

そもそも、Windows98のPCを立ち上げたのが7年ぶりくらい。
それからフロッピーをドライブに入れて「起動ディスク」形式でフォーマットすれば良いのであるが、メディアが古くて不良だったのか、3回連続失敗で3枚のフロッピーがあぼーん。
それではと、別のPCにてCD-Rでブートディスクを作って試してみたら今度はCD-Rが読めない!(CD-Rが読めないドライブなの?)
仕方なく、もう一回フロッピーのフォーマットを試したら今度は成功。なんだかよく分からん。

ブートディスクの作成が済んだら、後はエラーも発生せずにすんなり終了。
「DESTROY」ではディスクの消去方法がいくつか選べて、00で消去、FFで消去、乱数で消去、3回消去、なんちゃら方式で消去、かんちゃら方式準拠とかいろいろあるが、今回は、3回消去でやってみて、作業時間は環境によるだろうけど、うちの場合は1時間弱くらい。
(ディスクの消去は1回で十分だったかも。1回消去すればソフトウェアで復元することは不可能だそう。1回消去くらいでは特殊な装置を使って復元できる場合があるという話があったので3回消去にしたのであるが、別に国家機密が入っているわけでもなく、そこまでする人がいるとは到底考えられないしね。)


データ消去完了
20131227_desktop.jpg


そんなわけで、ディスクを消去したら、段ボール箱につめて送料着払いでヤマトの宅急便で発送。
CRTとPC本体と付属品で20kg以上あって重かったけど、発送が済んでスッキリ。
(まさか戻ってきちゃうとかないよね。大丈夫。多分・・・)

まあ、ほかにも使ってないPCでは、XPのデスクトップとVISTAのノートがあるけどね。早めに処分するのが吉か。
おまけに、実家には古いブラウン管テレビが4台も。これどうすっぺ。
 
スポンサーサイト

テーマ:デスクトップパソコン - ジャンル:コンピュータ

ポータブル電源 大自工業 メルテック SG-3500LED

車中泊のときに使っているポータブル電源・大自工業のSG-3500LEDについては以前の記事でも書いたが、使っていて面白いことを発見した。

車中泊旅行の時は、主に夜テレビを見るのにノートパソコンの電源として使用していて、走行中に車のシガーソケットにつないで充電するというパターンなのであるが、
これが、車のエンジンがかかっていない状態でシガーソケットにつなぐと、SG-3500LEDの側から電流が逆流して電装品に給電されるらしく、カーナビが起動する。
つまり、停車中でもSG-3500LEDをつなげばアイドリングしなくてもカーナビが利用できて、カーナビのテレビが見られるということである。

こういう使い方が良いのかどうか分からないが、地デジの電波状態が悪い場所で車中泊する時はなかなか重宝する。
通常はノートパソコンにUSBの地デジチューナーでテレビを見ているのだが、山間部とかで電波が悪いところだとワンセグすら映らない場合もある。
それに対して、4x4地デジチューナーのカーナビだとたいていの場所で悪くてもワンセグは映るので、電波の悪い場所で車中泊する場合は、SG-3500LEDをつないでカーナビのテレビを見たりしている。

大自工業 メルテック SG-3500LED
20131216_SG-3500LED.jpg


ちなみに、普段、ノートパソコンの電源として使用する場合は、機種によるだろうけどうちの場合は6時間くらいは十分使える。一度パソコンのテレビをつけっ放しで寝てしまって、翌朝に電圧低下の警告音がピーピー鳴っていたことはあったけどね・・・。
それで翌日に2~3時間走行して充電すればインジケーターがフルのところまで充電できるので、長期の車中泊旅行でも対応出来そう。
購入して1年半以上使っているが、多少バッテリーの劣化はあるかも知れないけど今のところ目立った劣化もなく使えているし、十分実用的。まあ悪い買い物ではなかったな。ふむふむ。


メルテック ( Meltec ) 5WAYシステム電源 ( ポータブル電源 ) SG-3500LED




[追記]
2015年のGWに岩手県の「道の駅雫石あねっこ」で車中泊した際に、SG-3500LEDをシガーソケットにつないでカーナビのテレビを見ていたのだが、そのまま眠過ごしてしまって、明け方までつけっぱなし・・・。
それで翌日出発しようとすると、車載のメインバッテリーが上がっていたorz
しかし、なぜかSG-3500LEDの方は元気いっぱいで、おかげでメインバッテリーにつないでセルを回すことができけれど。
ポータブル電源をシガーソケットに繋ぐことで、カーナビが起動するので、てっきりポータブル電源の側から給電していて、メインのバッテリーには影響ないと思っていたのだが、どうも違うようである。消耗していたのはメインのバッテリーの方であった。
≪参考記事≫
GWは東北方面へ・5日目(雫石~田沢湖~乳頭温泉・黒湯~帰路へ)


[追記]
大自工業 メルテック SG-3500LEDを4年ほど使用して、そろそろバッテリーが弱ってきてので、内臓のバッテリーを交換。費用は4000円ほどで、交換もカンタンでした。
≪参考記事≫
ポータブル電源「メルテック SG-3500LED」のバッテリーを交換

テーマ:車中泊日記・車中泊グッズなど・・・。 - ジャンル:車・バイク

道の駅 水の郷さわら

この週末は、佐原方面にちょこっとお出掛け。

自宅を出発して東関道で成田まで行って、途中ネットで見つけたレトロな自販機コーナー「オートパーラーシオヤ」というのに寄って自販機のうどんを食べて、それでも2時間くらいで道の駅「水の郷さわら」に到着。

そのあとは、霞ヶ浦の方に出掛けて、行方市にある温泉「白帆の湯」で入浴。

夜は、佐原の道の駅まで戻って近所でうなぎを食べて、あとは車内でテレビを見ながら酒盛りで、朝起きると9時を過ぎているといういつものパターン。まあ寒い時期の車中泊旅行はこんなものだわ。

んで翌日は、佐原の小江戸エリアを散策。ちょうど小江戸マラソンというのがあってついでに見学して、昼食におそばを食べて、デザートは「しょうゆジェラート」。

帰りは銚子方面を経由して、松尾横芝ICから圏央道で帰路へ。

オートパーラーシオヤ
20131207_shioya.jpg

霞ヶ浦
20131207_kasumigaura.jpg

佐原の小江戸マラソン
20131208_sawara.jpg

車内の様子‐先日作ったテーブルの位置がちょっと高いかな?
20131207_spike.jpg


今回宿泊した道の駅「水の郷さわら」であるが、施設が新しくてトイレはウォシュレット付き、駐車スペースの前は利根川が開けていて眺望も良好、地デジの電波も良好、市内の観光エリアも近くて夕飯も徒歩で行けるし、なかなか居心地が良い。(まあ、お風呂と夜までやってる食事処があればなお良いんだけどね。)

手軽なプチ旅行先として、また出掛けてみてもいいな。

テーマ:車中泊の旅 - ジャンル:旅行

フリードスパイクに車中泊用テーブル作成

前に乗っていたモビリオスパイクでは純正のラゲッジシェルフあって、これが車中泊の際はPCを置いたり、料理を置いたり、荷物を置いたり、トノカバーがわりになったりと何かと便利だったんだが、
フリードスパイクの場合は純正品でそういうのがない。
とりあえず小型のアウトドア用テーブルで代用していたが、寝るときにはたたんで仕舞うことになるのでなかなかめんどくさいし、それに、車中泊旅行の場合は生活感丸出しの荷物が多くなるので、トノカバーがないと外から丸見えで、それもちょっとねえ。

そんなわけで、矢崎のイレクターで車中泊用テーブル(棚、兼トノカバー?)を作成してみた。

骨組みはこんな具合。
20131202_spiketable.jpg

左右の下段にある棚の間の幅がほぼ100cmなのであるが、市販のシングル布団の幅も100cmなので、就寝スペースの幅は最低100cmほしいところ。
であるが、フリードスパイクの場合は、左側にビルトインテーブル(←これがろくに役に立たない)があって、これが出っ張っていて、幅100cmのテーブル設置の邪魔をするしで、なかなかやりづらい。

結局、リアゲート側はテーブル足を床面に置いて、リアシート側は左右の下段の棚の上に足を置くという、変則的な格好に。これくらいしか思いつかなかった。
実際に組んでみて、強度的には大丈夫そう。骨組みはカインズで買ったバンジーゴムというので固定。

それで、天板を置くとこんな具合。
20131202_spiketable2.jpg

天板は、もともとあったコンパネ(90cmx60cm)を使用した。左右隙間が空くけど、おかげでビルトインテーブルはそのまま利用できる(笑)。コンパネには黒の壁紙を巻いて画鋲で留めただけ。ちょっと皺になってしまったが、まあ細かいことは気にするなということで。天板なんていつでも交換できるしね。

この週末、近場で車中泊してみたが、ますます快適である。


最近は空気が澄んできて、夕日がきれい。
20131201_yuhi.jpg

続きを読む»

テーマ:車中泊DIY - ジャンル:車・バイク

プロフィール

kagekiyo2006

Author:kagekiyo2006
南房総で田舎暮らしをしています。2011年の東日本大震災以後、車中泊でふらっと出掛けることが多くなりました。おもに南房総での田舎暮らしとフリードスパイク車中泊旅行について書いています。あとは車中泊に便利なグッズの紹介なども。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ


FC2カウンター
PR



月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア