お盆休みは東北方面へ・その4(道の駅とうわ~宮沢賢治記念館~帰路)

8月16日の朝は、降ったり止んだりの天気。

まずは道の駅とうわの近所の宮沢賢治記念館へ。
この日はUターンラッシュのピークということで早めに帰路にと思っていたので、サクサクと見学。じっくり見たらもっと楽しめたのだろうけど。。。

宮沢賢治記念館
宮沢賢治記念館

日時計花壇
日時計花壇


それで、11時ごろに帰路についたが、渋滞情報では既に東北道では渋滞が始まっている。
渋滞に高速料金を払う気もしないので、とりあえずR4で南下。

途中、水沢あたりで田んぼアートを見学
田んぼアート

岩手県内は割とすんなりであったが、宮城県に入ったあたりから随所で渋滞。
三本木PAから東北道に乗ったがこちらも仙台近辺から郡山まで断続的に渋滞。

東北道の渋滞
(東北道の渋滞。前車がCR-Xでついパシャ。かっけー♪)

郡山から先の磐越道~常磐道は渋滞はなかったけど、かれこれ自宅まで10時間以上。ぐったりですわ。

今回は、1563.3kmの走行距離でございました。
今回の走行距離

スポンサーサイト

道の駅とうわ

道の駅とうわ

8月15日は、岩手県花巻市の「道の駅とうわ」にて車中泊。
釜石自動車道の東和ICを出てすぐのところにある道の駅である。
日帰り温泉施設「日高見の霊湯 東和温泉」を併設している。

ここを訪れるのは初めて。
今回は19時頃に到着。この日は玉川温泉で温泉はおなか一杯だったのでお風呂は入らず、夕食のみで温泉棟のレストランへ。

道の駅とうわ 温泉施設
まあ、メニューとクオリティーは平凡というかやや残念というか。

道の駅とうわ
駐車場は普通車62台とのことであるが、それなりに車中泊は多いけど、見た感じ余裕がありそうでした。
トイレから遠めに停めれば圧迫感はなし。

地デジ電波は良好とまでは言えないが、なんとか全チャンネルフルセグ視聴可能。
トイレはウオシュレットなし、管理は普通に良好。
夜間は交通量も少なく、とっても静か。翌日8時まで快眠でした。

道の駅とうわ
道の駅の建物は、半分がトイレで、半分が休憩所と売場になっていて小規模。商売っ気は感じられない。
有名観光地の土産屋みたいに商魂全開の道の駅もあれば、こういう道の駅もあっていろいろですわ。

こちらは、温泉施設
道の駅とうわ 東和温泉

道の駅自体が特別気持ちの良い場所ということもないけれど、インター近くでアクセス良好、夜間は静かで
温泉施設があるということで、観光の起点として就寝するなら快適な道の駅と言えそうである。

お盆休みは東北方面へ・その3(雫石~玉川温泉~八幡平~道の駅東和)

8月15日は、雫石あねっこでは予報どおり朝から雨。雨音で6時頃に一旦目が覚めて、網戸を撤収。濡れると乾かすのがめんどくさいもんね。
涼しいので寝直して、お目覚めは8時過ぎ。夜間は20℃以下で騒音もそれほど気にならず、快適な車中泊でした。

山間部の雨というと、去年の夏はあねっこ周辺でも被害が出ているしチト怖い気もするが、まだ降り始めなので、予定通り、今回の旅の目的地の一つ、玉川温泉へ。

途中の玉川ダムの展望台にて
玉川ダム

それで、お昼前に「ぶなの森 玉川温泉 湯治館そよ風」に到着。
ぶなの森 玉川温泉 湯治館そよ風

一日券1000円(一回の場合は600円)を購入して、まずはお風呂へ。

浴槽は、源泉50%のあつ湯とぬる湯、源泉100%、他に露天、歩行湯、寝湯、打たせ湯、蒸し風呂、人口岩盤浴など。
評判通りかなりの強酸性のお湯で、入るとヒリヒリ、部分的には痒くなってきたり。
舐めてみると強烈な酸味。目に入るともうたいへん。
やや緑がかったほぼ透明の湯に湯花がちらほら。臭いはないみたい。
飲泉は10倍に薄めてとあったので、薄めて飲んでもそれでもかなり酸っぱい。20倍くらいが適当かも。
あと、カランにはシャンプー・リンス・ボディーソープとあって、質的にもかなり良好。隣の席との仕切りもあって、隣のシャワーとかが掛かることもなく快適でした。


入浴後は、施設内の食事処で昼食。
ぶなの森 玉川温泉 湯治館そよ風

まあ、メニューは平凡、味はまあ普通といったところ(すみません)。


食後に休憩して、またお風呂へ。
蒸し風呂(ミストサウナ)が木の香りで気持ちよく、何度も入ってしまいました。

泉質は強烈であるが、強い刺激で皮膚が生き返るような感覚で、自分的には肌がちょっとキレイになったかなという印象。
ただ、帰りに脱衣所で一緒だった人は、三日目の滞在でかなりプツプツと湿疹というか炎症が出ていました。見るだけで痒くなるような。温泉皮膚炎というのだろうか。おそロシヤ。

※ちなみに、後でわかったことであるが、今回行った「ぶなの森 玉川温泉 湯治館そよ風」って元々の玉川温泉とは全然別物なのね。まあ、源泉は一緒かもしれないけど。玉川温泉はかなり混雑すると聞いていたので、到着した時はあれっ?悪天候のせいか?と思ったが、そういうことだったのね。これは是非ともリベンジせねば!


んで、入浴後は、悪天候であるがとりあえず予定通り八幡平方面へ。

山頂付近はすっかり雲の中で、なにも見えず。
八幡平

視界が悪くて運転もかなり気を使う。
キツネを見かけてびっくりしたくらい。
これも後でわかったことだけど、このキツネ、かなり目撃情報があってとっても人馴れしてるみたい。こんなことなら、写真くらい撮っておけばよかった。。。


その後は、アスピーテラインを降りて、さて今夜はどこに泊まろう?近くの「道の駅にしね」はチトしょぼそう。あねっこは昨日泊まったしねえ。
という訳で、道の駅東和へ。

途中、東北道でワープして19時前に「道の駅東和」に到着。

道の駅 東和

この日は「道の駅東和」にて車中泊である。

お盆休みは東北方面へ・その2(寒河江~横手~雫石あねっこ)

8月14日は、寒河江SAのスマートICを降りて秋田方面へ。
途中の道の駅に立ち寄りつつ、昼食は「横手やきそば」ということで。


玉こんにゃく 道の駅尾花沢にて
山形といえばこれでしょ! 道の駅尾花沢にて

道の駅おがち
道の駅おがち

横手やきそば
横手やきそば

最初、「元祖神谷焼きそば屋」に行ったのだが、混んでいたのでスルーして横手駅前のお店に。
正直なところ、うーむ。わざわざ食べに行くほどでもないかな。ごめんなさい。


ババヘラアイス 道の駅せんなんd
ババヘラアイス 道の駅せんなんにて
しかし、この盛り方はどうよ。おばちゃん、お仕置きする必要がありそうだなw


あと十文字の道の駅にも寄ったけど、写真は撮り忘れた。
国道沿いで市街地で、静かではなさそうだけど、コンビニもあるので便利そう。
涼しい時期の車中泊ならアリかも。


そんなこんなで、道の駅めぐりのような一日。

この日の車中泊場所は、田沢湖あたりにするか、雫石あねっこにするか迷っていたが、田沢湖あたりは寒そうなので、お風呂も食事処もある雫石あねっこということに。


早めの17時すぎに道の駅「雫石あねっこ」に到着。
道の駅 雫石あねっこ

それで、ゆっくり温泉に。PHの高いアルカリ泉のやさしいお湯で気持ち良い。今回はサウナにもゆっくり入って。
ただ、露天はアブが多くて落ち着かなかったり。
入浴後も屋外で涼んでいると、アブが多くてチクチク、カイカイでやはり落ち着かない。


夕食は食事処「あねっこ茶屋」にて。

道の駅 雫石あねっこ
今回は橋場御膳。個人的にはうどんが余計かも。

道の駅の食事処としてはまずまず良質な部類だけど、メニュー的には、雫石牛の高額メニューと通常メニューの中間もあっていいのかなあと思う。

夜間は、気温も20度以下で車中泊は全く問題なし。ただ羽蟻がすごくて、照明の下に停めてた車なんかボンネットが羽蟻でびっしり。

今夜はここで車中泊。

お盆休みは東北方面へ・その1(寒河江サービスエリアにて車中泊)

お盆休みは、秋田・岩手方面へ。
13日に出発であるが、午前中から激しい渋滞とのことなので、昼過ぎに出発。いつもの通り常磐道~磐越道を経由して郡山JCTまで行って、山形道の寒河江サービスエリアまで。
渋滞情報では、日立中央のあたりで渋滞しているとのことであったが、自分が通過するころにはすでに渋滞も解消していて郡山までは渋滞もなくすんなり。さすがに東北道では少し渋滞はあったが、徐々に解消しているようで、それほど酷い目にあうこともなく約6時間半で山形道の寒河江のサービスエリアに到着。

寒河江サービスエリア

ハイウェイオアシスを兼ねたサービスエリアで、スマートICも。サービスエリアの裏側は最上川沿いに「最上川ふるさと総合公園」という広い公園、温泉施設「ゆ~チェリー」、JAの直売所などがあり、サービスエリアから徒歩で行き来できる。


この日は食事とお風呂は温泉施設「ゆ~チェリー」の予定であったが、到着が19時過ぎ。
温泉施設の食事処が20時までなので、すぐに温泉施設へ。

寒河江 ゆ~チェリー

まずは夕食。

寒河江 ゆ~チェリー
山形といったら「げそ天」でしょ(?)。200円

寒河江 ゆ~チェリー
ビーフシチュー定食
メニューはまあ平凡なんだけど、おつまみ類はそこそこ。

温泉は入浴料350円。3種類の源泉があるそうで、すべて源泉掛け流しとのこと。カルキ臭はなかったです。
硫黄臭の塩化物泉、鉄の臭いが強い単純泉、同じく鉄臭い塩化物泉の三種類。塩化物泉はともにかなり強い塩分でよく温まる(というかこの季節、なかなか汗が引かなくて困る)。
カランのお湯も塩素臭はなく、鉱泉か井戸水かな。甘い味がしました。
これだけ大きい施設で、源泉掛け流しで3種類のお湯が楽しめて350円というのは立派。
(しかし、調子こいてドボドボやってるとすぐに枯れてしまわないか心配になってしまう。。。)
関東ではありえない料金設定で、採算面でも心配に・・・。たいてい地元自治体が運営している施設が多いけど、ここは民間企業らしい。大丈夫かなあ。


サービスエリアの方は、駐車場は利用者数からすればスペースは充分。

寒河江サービスエリア

夜間の交通量も少なくて騒音も気にならない。この日は大型車は1台でアイドリングはしていなかったので静か。
さらにサービスエリアの裏側、ETCゲート横にもゲートの内側・外側それぞれ駐車場があって、こちらはさらに静か。

寒河江サービスエリア
(裏側の駐車場)

あと、地デジ電波もすこぶる良好で全チャンネルフルセグ視聴可能。トイレはウォシュレット付き(しかし洋式は1器のみ)。

この日は、夜は20℃ほどと涼しく、網戸を掛けて快眠でした。(蚊もいなかったので網戸なしでもOKかも)


寒河江 サービスエリア
(周囲の案内図。かなり広大な施設で、一日楽しめそう。)

全体として、車中泊には極めて快適なサービスエリアである。
プロフィール

kagekiyo2006

Author:kagekiyo2006
南房総で田舎暮らしをしています。2011年の東日本大震災以後、車中泊でふらっと出掛けることが多くなりました。おもに南房総での田舎暮らしとフリードスパイク車中泊旅行について書いています。あとは車中泊に便利なグッズの紹介なども。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ


FC2カウンター
PR



月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア