シルバーウイークは東北の温泉へ・4日目(蔵王温泉~蔵王・お釜~帰路へ)

9月22日(火)、この日も快適な車中泊で起床は7時半くらいだったかな。
(いちいち覚えてないわ!)
たぶん、8時半頃に道の駅にしかわを出発。

まずは近くの月山湖を見に行く。
月山湖

まあ、いつも来ているしね。どうと言うこともないか。


その後は、蔵王温泉まで移動。
ロープウェイの駅の駐車場に適当に駐車して温泉街を散策。
(意外なことに、駐車場は無料でした。ロープウェイは乗らなかったけど・・・)

温泉街を抜けて、酢川温泉神社に行ってみる。

蔵王温泉 酢川温泉神社参道
蔵王温泉 酢川神社

急な階段ではあるが、それほどの距離でもない。

途中、灯篭の一つ一つこんな調子の川柳があって
蔵王温泉 酢川神社

クスクス笑いながら登って行くので、それほど苦にならない。
しかし、登りついた先の神社は鉄筋の神社で、何か、あれっ?という。。。


そこそこ体を動かしたところで神社を下って、温泉街にて温泉へ。


蔵王温泉 上湯共同浴場 入浴料200円
蔵王温泉 上湯共同浴場

ここは共同浴場としては、かなり浴槽広めで10人くらい入れるかな。
お湯はやや熱めで、酸性の硫黄泉。
まあ、開放感はないけど、湯量豊富で気持ちのいいお湯です。


お昼は近くの「ろばた」にてジンギスカン♪

蔵王 ろばた ジンギスカン
20150922_zaouonsen4.jpg

ラム肉、美味い~♪ ビール飲みたいけど、我慢我慢
お米も美味しくて、おかわり自由です。



食後は、エコーラインを宮城方面へ。

天気も良いので、当然、お釜へ。
蔵王ハイラインは無料と思ってたのだが、有料540円でした。
(帰って調べたら、無料なのは7月31日まででした・・・)


蔵王 お釜
蔵王 お釜


一応、こんな看板があるのですが・・・
蔵王 お釜

皆さん、ほぼ、「そんなの関係ねぇ!」状態。
でも、こんなことやってると、何かあったときには酷いことになるんだろうな。


刈田岳山頂付近より、お釜
蔵王 お釜

とりあえず、今回はお釜がくっきり見えて良かった。


蔵王 お釜 周辺では、そろろそ色付き始め
蔵王 紅葉
(彩度ちと盛り目でw)
 紅葉も、もうすぐですね


帰りは、東北道では、福島トンネルで混雑したくらいでほぼ渋滞なし。しかし、常磐道では日立のトンネルエリアで渋滞20分、友部SAから先で渋滞40分(事故渋滞)で、結局1時間ほどロス。
このところ常磐道でも渋滞するようになっただろうか。常磐道の全線開通が影響してるか。


フリードスパイク 走行距離
フリードスパイク 走行距離

今回は、走行距離1733km、メーター読みで平均燃費15.6km/lでした。

スポンサーサイト

シルバーウイークは東北の温泉へ・3日目(国見温泉~乳頭温泉~道の駅にしかわ)

9月21日(月)、明け方ちょっと寒くて掛布団に毛布で寝た。
8時ごろ起床だったかな

9時に雫石あねっこを出発。

まずは近くの国見温泉へ。

国見温泉 石塚旅館 入浴料500円
国見温泉 石塚旅館

ここは緑色のお湯で知られている温泉で、硫化水素型の塩化物泉とのこと。
においは、硫黄臭というよりやや石油臭、舐めるとタマゴ味&塩分で、かなりの変り種の泉質。長湯したら湯あたりしそう。
露天は男女別。周囲には登山の人たちがたくさん居て、男湯は外から丸見えでした。女湯はどうだろう。ここは無料のロッカーがありました。


その後は、お気に入りの乳頭温泉へ。

今回は蟹場温泉へ行ってみた。

乳頭温泉郷 蟹場温泉 入浴料500円
乳頭温泉郷 蟹場温泉

露天風呂は本館から100mくらい離れていて、森の中にある。

蟹場温泉 露天風呂
乳頭温泉郷 蟹場温泉
(一人写っているけど、顔は分からないし、大丈夫だよね。)

露天は、混浴ではあるが、外から丸見えでお湯も無色透明で、女性が入浴するにはチト厳しそう。日中は、実質男性専用ですかね。

泉質的には、わずかに硫黄臭、お湯は湯花がちらほらで、無色透明。露天風呂はかなり広くて、森の中で森林浴をしながら入浴といった感じで、気持ちのいいお風呂でした。ただ、乳頭温泉というと白濁の硫黄泉を期待してしまうので、その点、ちょっと物足りない感じかな。


という訳で、鶴の湯にも行ってみるし(笑)。

乳頭温泉郷 鶴の湯 入浴料500円
乳頭温泉郷 鶴の湯

鶴の湯に来るのは、去年のGW以来で2回目。(前回の記事 http://fxinaka.blog64.fc2.com/blog-entry-777.html
やっぱり乳白色の硫黄泉は気持ちいい。意外と塩分があることに今回気付いた。
この日も混んでいたけど、露天が広いので圧迫感もなく楽しめました。


昼食は、鶴の湯の別館でと思ったが満席だったのでパス。
田沢湖畔のレストハウスでテキトーに。

きりたんぽ鍋定食
きりたんぽ鍋定食

まあ団体御用達みたいな食事処なので、クオリティーはそれなり。しかもかなり待たされたし。。。


昼食後に一服した後は、翌日の帰宅を考えて山形の「道の駅にしかわ」まで移動。

途中、渋滞はなかったけど、地ビールレストランの営業時間に間に合うように寄り道もせずにひたすら走って、なんとか19時前に道の駅にしかわ到着。

道の駅にしかわ 月山銘水館 
道の駅にしかわ 月山銘水館

ラストオーダーが19時半なのでさっそく地ビールレストランへ。

道の駅にしかわ まずは地ビール
道の駅にしかわ 月山銘水館

道の駅にしかわ つまみにスモークサーモン
道の駅にしかわ 月山銘水館

道の駅にしかわ メインはステーキにて
道の駅にしかわ 月山銘水館

山形牛のステーキが高かったので国産牛のステーキ(1350円)にしたけど、まずまずでしたよ。
ここは道の駅の食事処として優秀と言えると思う。


この日は「道の駅にしかわ」にて車中泊である。
ここで車中泊するのは、去年の10月以来で2回目。(前回の記事 http://fxinaka.blog64.fc2.com/blog-entry-826.html
この日、車中泊組は30台くらいかな。
駐車場が広いので圧迫感もないし、夜間は国道の交通量も少なく静か、涼しくて快適な車中泊でした。


≪この日行った温泉≫
国見温泉 石塚旅館
http://www5.famille.ne.jp/~kunimihp/
乳頭温泉郷 蟹場温泉
http://www.nyuto-onsenkyo.com/ganiba.html
乳頭温泉郷 鶴の湯
http://www.tsurunoyu.com/

シルバーウイークは東北の温泉へ・2日目(藤七温泉~ふけの湯~新玉川温泉)

20150920_hachimantai.jpg
(八幡平・見返峠より岩手山)


9月20日(日)、雫石あねっこで迎えた朝。
7時半ごろ起床して、車外に出てみるとちょっとショックな出来事が・・・。
(これについては別の記事で書くことにしますね。)

気を取り直して、8時40分頃に「雫石あねっこ」を出発。
この日は、八幡平方面へ。

まずは盛岡から松尾八幡平ICまで東北道で移動して、八幡平アスピーテラインへ。


途中、八幡平ビジターセンターで旧車のイベントがあったので、ちょっと覗き見~♪

ノスタルジックカー in 八幡平
20150920_hachimantai2.jpg
旧車かっこいい~。(でも狭そう。。。)


さらに進むと、山の景色も徐々にカラフルに。

八幡平アスピーテライン ナントカ岩付近
20150920_hachimantai3.jpg

見頃はまだまだだけど、ちょっとづつ色づき始めていますかね~。


それで、この日の最初の目的地、藤七温泉・彩雲荘へ。

藤七温泉・彩雲荘 入浴料600円
20150920_toushichionsen.jpg

藤七温泉・彩雲荘 入り口には金精様
20150920_toushichionsen2.jpg

岩手山を望むロケーションに、広くて開放的な露天風呂がすばらしい。
ここは、自分が今まで行った中で、ロケーション・開放感は一番かな。

泉質的には、白濁の硫黄泉、舐めるとやや酸味で浴槽の底からブクブクとお湯が噴出していて、泥状の湯花(?)が堆積、
源泉が熱いみたいで、加水されていました。
露天は混浴で、湯浴み着・バスタオルOKなので、女性も普通に入浴していました。

駐車場のキャパもあるし、露天も一度に100人くらいは入れそうなので、多少混んでいても楽しめそう。


入浴後、見返峠に寄った後は、そのまま秋田方面に下って、
昼食は食堂もある「ふけの湯」にて適当に。
写真は撮り忘れたが、ラーメンは意外なことに手打だったかも。悪くなかったです。

ふけの湯 入浴料600円
ふけの湯

ふけの湯 谷間では蒸気が噴出
ふけの湯

内湯と露天風呂とあって、本館から離れた谷間にある露天風呂の周辺では、至るところで蒸気が噴出していて硫黄臭。
内湯は男女別、露天は男女別と混浴の3箇所。

まずは男性用の露天に入って、その後、混浴の露天であるが、この日、山の上は気温15℃くらいで風もあって体がすぐ乾くので着替えが捗る。
混浴の露天は外から丸見えで、しかも更衣室が男女別ではあるが・・・(略)、だったりして女性には入りづらいかも。

お湯はかすかに硫黄臭で薄濁り、やや酸性。
泉質的に特に印象に残る感じではないが、アスピーテラインから奥まっていて混み合うこともなさそうで、食堂もあり、のんびり出来る雰囲気は良いかな。


その後は、秋田側に下ってR341を田沢湖方面へ南下。
まだ時間的に余裕があったので、玉川温泉にも寄ってみた。

新玉川温泉 入浴料600円
新玉川温泉

今回は、新玉川温泉とした。なぜか本家の玉川温泉は回避w(←混んでそうなので)

やはり強酸性で、ピリピリ・ヒリヒリで、痒い痒い。
浴槽の造りは、前回入浴した「湯治館そよ風」とほぼ一緒。(まあ後発の「湯治館そよ風」のほうがパクリなんだろうけど。)
ともに強酸性で違いが分からないし、どっちでもいいかという感じである。


玉川温泉の後は、田沢湖町のスーパーで買い物をして、雫石あねっこへ戻る。
二日連続で「雫石あねっこ」で車中泊である。


この日、前日と比べると混み合っていて、食事処では着席まで30分くらい待たされた。

夕食は、まずはビールにソーセージをつまんで、
メインは野菜炒め定食にて
道の駅 雫石あねっこ


この夜、車中泊組は前日よりは多く、50~60台くらいだったろうか。
それでも、すみっこに停めて圧迫感もなく、ほどよい寒さで快適でした。


≪この日訪れた温泉≫
藤七温泉・彩雲荘
http://www.toshichi.com/
蒸の湯・ふけの湯
http://www.ink.or.jp/~fukenoyu/
新玉川温泉
http://www.shintamagawa.jp/

シルバーウイークは東北の温泉へ・1日目(まずは雫石あねっこへ)

友部サービスエリア
(友部サービスエリア)

5連休となった2015年のシルバーウイークであるが、事前に下調べをしたりプランを考えたりする余裕もなく、手軽なところで、またまた東北方面へ。。
今回は温泉めぐりということで出掛けてきた。


18日(金)の晩に出発して、この日は常磐道の友部SAまで移動して車中泊。
この季節、窓を閉め切って寝れるので騒音も問題なしでした。

友部サービスエリア
(この日は、安保関連法案が参院で可決・成立へ)



19日(土)は、友部を9時半に出発。
東北道では宮城でちらほら渋滞したくらいで、それほど酷い目にあうこともなかった。
宮城を通過するまでは頑張って走って、少し遅めの昼食は長者原SAにて。

長者原SA・牛タン定食
長者原サービスエリア 牛タン定食

なんか妙に硬かったような気もするが、厚切りなせいもありますかね・・・。



それから先は順調で、雫石のスーパーで買い物をして「道の駅雫石あねっこ」に17時ごろ到着。


道の駅雫石あねっこ
雫石あねっこ


早めに到着したので、ゆっくり温泉&サウナに入って、夕食。

まずは、ゲソの唐揚と漬物(無料)をつまんで
雫石あねっこ

メインは、以前も頼んだことのある橋場御膳にて
雫石あねっこ


今回、あねっこでの車中泊は4回目であるが、去年のGWに来て以来、メニューもほとんど同じで、何度か来るといろいろ粗も見えてきたりして、もうちょっと工夫してほしいところかな。


この日、車中泊組は40台くらい。思ったほど混んでなくて全然余裕あり。
寒すぎることもなく、快適な車中泊でした。

台風が過ぎて

自宅近くにて夕日
(2015年9月12日の夕景 自宅近くの海岸にて)

台風が過ぎて、久しぶりに晴れ間がのぞいたこの週末。
しかし、あれだけの大水害の直後では、さすがに出掛ける気にもならない。

よく行く「ビアスパークしもつま」も鬼怒川沿いで、今回氾濫のあった常総市のすぐ隣であるが、大丈夫だったかしら。


この週末は自宅にて。車中泊もなし。
先週に続いて、ひたすら写真を撮って・・・。
ヤフオクは、何んでもアリで楽しいんだけど、とにかく手間が掛かりすぎ。
こういうのは、老後の楽しみ&小遣い稼ぎにとっておきたいところであるが、あまりに在庫があって、なかなかそういう訳にも行かない事情がね。。。


さて、来週のシルバーウイークにはどこか出掛けたいところであるが、なかなか下調べする余裕もなさそう。
やっぱまた東北方面かなあ。
プロフィール

kagekiyo2006

Author:kagekiyo2006
南房総で田舎暮らしをしています。2011年の東日本大震災以後、車中泊でふらっと出掛けることが多くなりました。おもに南房総での田舎暮らしとフリードスパイク車中泊旅行について書いています。あとは車中泊に便利なグッズの紹介なども。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ


FC2カウンター
PR



月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア