連休は山形へ・肘折温泉~道の駅にしかわ

11月22日(日)は、道の駅天童温泉にてしばしのんびりして、10時ごろ出発。
この日は、以前から行ってみたかった肘折温泉へ。

肘折温泉というと、日本でも有数の豪雪地帯だそうであるが、この日はまだ雪はなかったので大丈夫。
新庄のインターから40分ほど、天童からだと1時間半くらい。
この季節、国道458で新庄方面から行けるのは肘折温泉までで、その先は冬季閉鎖でした。山間部ではあるが、道は悪くはなかったです。

肘折温泉 肘折希望(のぞみ)大橋
肘折温泉 肘折希望(のぞみ)大橋

谷間にある肘折温泉街に降りて行く道は、真新しく、ループ橋のようになっていて、これは地すべりで崩落した道路を復旧するために造られたものだそうで、平成25年11月に完成とのこと。


まずは、温泉街を散策。
温泉街は道も狭く駐車場もなさそうなので、肘折希望(のぞみ)大橋のすぐ下にある「肘折いで湯館」の駐車場に停めたほうが良さそうです。

肘折温泉 温泉街
肘折温泉 温泉街

肘折温泉 レトロな旧郵便局
肘折温泉 レトロな旧郵便局

肘折温泉 温泉街の案内図
肘折温泉 温泉街の案内図

レトロで湯治場の風情が漂う雰囲気で、浴衣に下駄の音がよく似合う温泉街ですね。
朝市が肘折温泉の名物だそう。(であるが、到着が昼近くだったのでもちろんやってない・・・。)


お風呂は、日帰り入浴施設の「肘折いで湯館」、「カルデラ温泉館」、共同浴場「上の湯」があって、他に温泉街の各旅館でも日帰り入浴可能。今回は手軽なところで「肘折いで湯館」へ。

肘折いで湯館 入浴料400円
肘折温泉 肘折いで湯館

お風呂はなぜか3階で、眺望はまずまず。露天はなし。
お湯は褐色の薄濁りで、鉄分と塩分の多く、よく温まる温泉。ポカポカが長く持続するお湯ですね。けっこう疲労感のある温泉かも。


お昼は、川沿いの蕎麦屋にて

そば処 寿屋 きのこ蕎麦
肘折温泉 お蕎麦

天ざるが品切れだったので、きのこ蕎麦にしたが、まずまずでした。


食後は、腹ごなしに散歩して、そろそろ下界にもどりますか。
まだ、すこし時間があったので、最上川沿いをドライブ。

最上峡 すっかり冬枯れで寒々しい
最上峡



この日の車中泊地は、食事と地ビール優先(笑)でまたまた「道の駅にしかわ 月山銘水館」へ。
今年3回目ですけど(笑)。 うん。別にノープロブレムよ。

[過去の記事]
連休は東北にて紅葉狩り・その2(鳴子温泉・鳴子峡~銀山温泉~道の駅にしかわ)
http://fxinaka.blog64.fc2.com/blog-entry-932.html
シルバーウイークは東北の温泉へ・3日目(国見温泉~乳頭温泉~道の駅にしかわ)
http://fxinaka.blog64.fc2.com/blog-entry-926.html
道の駅にしかわ 月山銘水館
http://fxinaka.blog64.fc2.com/blog-entry-826.html


道の駅 にしかわ 月山銘水館
道の駅 にしかわ 月山銘水館

到着するとレストラン&売店の建物は工事中で駐車場にプレハブとか建ってるし。。。
この日はなんとか営業していたが、年内の営業は11月30日までで、それ以後は店舗の改装工事で来年の春まで休業とのこと。
温泉棟は通常通り営業するみたいです。

道の駅 にしかわ 月山銘水館


で、いつもの通り、温泉に入って、地ビールレストランへ。

道の駅 にしかわ 地ビールレストラン
道の駅 にしかわ 月山銘水館

道の駅 にしかわ 地ビールレストラン
道の駅 にしかわ 月山銘水館

今回も国産牛のステーキでした。山形牛のステーキにすると、ビールを一杯いっぱい飲んでつまみを付けると5千円コースだもん。


この夜、車中泊組は少なめで8台くらい。毛布2枚で寒さも問題なく静かで快適。

道の駅 にしかわ 地デジ
道の駅 にしかわ 月山銘水館

地デジ電波は、良好とは言えずワンセグがなんとか。もうちょいでフルセグなので、駐車場所やアンテナの設置場所などもう少し工夫すればフルセグ視聴も可能かも。


≪リンク≫
肘折温泉
http://hijiori.jp/
道の駅 にしかわ 月山銘水館
http://www.gassan-shop.com/hpgen/HPB/entries/1.html
スポンサーサイト

道の駅 天童温泉

道の駅 天童温泉
道の駅 天童温泉

11月21日(土)は、道の駅天童温泉にて車中泊。

ここで車中泊するのは何回目だろう。定かではないが5回目くらいか。山形に来た時にはたびたび訪れている。

山形県天童市の国道13号線沿いにある道の駅である。愛称は「わくわくランド」。

インフォメーションや直売所、その南側は本屋やドトール、結婚式場、ほかに公園スペースや噴水のある広場など、かなり広大な施設である。
駐車場は普通車233台とのことであるが、本屋の側の駐車場は夜間は施錠されてしまうので、24時間開放の駐車場はその半分くらいだろうか。

天童の市街地近接で、徒歩での外食も不自由はない。JRの天童駅も徒歩15分くらい。
温泉街の飲食店街(歓楽街?)はすぐ近くで、古風な呼び込みがいたりして、迂闊に変なお店に入ったらボラれそう。。。
まあスナックとかは全然興味ないんだけど、もっとダイレクトな・・・(略)。周辺にはラブホもちらほら。いつか、夜の街も探検に行ってみますかね(?)。
そんなロケーションの道の駅である。
あと、天童温泉という名称であるが、足湯はあるものの、道の駅に入浴施設はないです。それでも徒歩圏の温泉街に共同浴場(入浴料100円)があり、日帰り入浴可能な旅館も数軒。施設充実の「ゆぴあ」(入浴料300円)は車で15分ほど。まったく不自由はないです。


さて、道の駅での車中泊の居心地はというと、
買い物は、道の駅の隣に24時間営業のマックスバリューがあって至って便利。ファミマも道の駅の南側にあります。

立地的には片側2車線の国道13号線に面していて、夜間も交通量が多いので、あまり静かとは言えない。それでも窓を閉め切って車中泊するような季節であれば、ほぼ問題はなさそう。夏はちょっとうるさいかも。

駐車場は、普通車233台のうち半分くらいは夜間施錠されるので、24時間開放の駐車場は120台くらいでしょうか。
キャパはそれなりにあるのだが、道の駅の前の駐車場は、日中も夜間も混雑気味。道の駅の利用者というより、地元の方が置きっぱにしている車が多い印象。
地元の方が、道の駅で待ち合わせをして相乗りで出掛けて行くのを度々見かける。夜は派手めのおねーちゃんが道の駅に駐車して徒歩で出掛けて行って朝まで帰ってこないとかね。
そんな感じで、この日も夜間はほぼ満車に近い状態でした。
以前は、長期間放置・埃だらけ・紙を貼られてタイヤの空気が抜けたりした車も目立っていて、多い時は20台以上あったりしたが、今回、長期放置自動車は見当たらなかったです。

他に、道の駅の裏側、広場を隔てたところにも駐車場があって、こちらは混雑もなさそうで国道から距離もあるので静かそう。道の駅のトイレからは遠くなるが、車中泊にはこちらの方が快適かも。トイレが遠いといっても100mくらいなのでそれほど問題でもないかと。
(てか、こちらは24時間営業のマックスバリューが目の前なので・・・、などと書かない方がよいですね?w)

あと、地デジ電波は、良好というほどでもなかったが、特にストレスもなくフルセグ視聴できました。(手持ちのチューナーで山形プリセットでOK) 電波が悪いエリアとは思えないので、駐車場所によってはもっと快適に視聴可能かと。
トイレは、ウォシュレットなし。まあ普通ですかね。。。(去年来た時はトイレが工事中だったので、キレイになったかなと期待していたのだが、全然変わってないじゃん!)

この日、車中泊組は30台くらいか。置きっぱなしの地元車が多くてほぼ満車だったのでよくわからん。。。
今週から毛布2枚にしたので寒さも問題なく翌日8時過ぎまで快眠でした。

道の駅の裏側、噴水のある広場ではたびたびイベントがあったりして、地元の市民に親しまれている施設。
放置自動車のことなどもあって、ちょっとカオティックな雰囲気もあるが、こういうところも含めて良くも悪くも地元の空気が感じられて、こういうのも嫌いじゃない。
割とお気に入りの道の駅である。

道の駅 天童温泉 わくわくランド案内図
道の駅 天童温泉 わくわくランド案内図

道の駅 天童温泉 天童観光案内マップ 温泉街はすぐ近く
道の駅 天童温泉 天童観光案内

道の駅 天童温泉 日帰り入浴の案内
道の駅 天童温泉 日帰り入浴の案内
道の駅に入浴施設はないけど、ゆぴあ、共同浴場など不自由はない

道の駅 天童温泉 駐車場 朝から満車に近い状態
道の駅 天童温泉 駐車場

道の駅 天童温泉 本屋側の駐車場 こちらは夜間施錠
道の駅 天童温泉 本屋側の駐車場

道の駅 天童温泉 足湯 
道の駅 天童温泉 足湯

道の駅 天童温泉 噴水のある広場 
道の駅 天童温泉 噴水のある広場

道の駅 天童温泉 裏側の駐車場 こちらは余裕ありそう 
道の駅 天童温泉 裏側の駐車場
(マックスバリューが目の前で便利)

道の駅 天童温泉 地デジ電波 悪くはないです。フルセグ視聴可能 
道の駅 天童温泉 地デジ電波

続きを読む»

連休は山形へ・まずは天童まで

11月21日からの今年最後の3連休。
今年は暖冬で東北でもまだ降雪もないということなので、山形まで出掛けてきた。

いつもの通り前日の20日金曜日の夜に出発して、まずは常磐道の友部サービスエリアへ。

常磐道・友部サービスエリア
友部サービスエリア

この日は、連休のせいか、いつもより車中泊組が多かったです。
友部SAに到着したのは23時過ぎだったが、なかなか眠くならなくてねえ~。
翌日、目覚めたのは9時半ごろ。 寝すぎた。。。

で、翌日は10時ごろ友部SAを出発。

途中で休憩した東北道の国見SAではすでに昼過ぎ。

東北道・国見SA
国見サービスエリア

昼食は天童の道の駅の近くにある蕎麦屋の予定であったが、既に14時過ぎで、行ってみると蕎麦が品切れなのか、既に暖簾が降りてた。。。 さらに市街地の蕎麦屋に行くと、ちょうど蕎麦が品切れでこれから打ち始めるので40分くらいかかるとのことで、パス。


結局、昼食は適当にラーメンで。
天童 ラーメン
背油ギトギトでこういうのあんまり得意じゃないんだな・・・。


昼食後は15時過ぎで、観光にも中途半端な時間帯。時間があったら山寺とか行ってもよかったんだけどね・・・。
せめて銀杏でもと思って近くの山形県総合運動公園に行ったら、銀杏の並木は見事に丸坊主でした。(なので写真もなしです)

という訳で、早めにお風呂へ。

天童最上川温泉 ゆぴあ
天童 最上川温泉ゆぴあ

塩化物泉の循環のお風呂で泉質どうこうではないが、露天はとっても広くて、もちろんサウナもあって、これだけ立派な施設が300円で利用できるのは有難や。
サウナはバスタオル着用厳守だそうで、バスタオルを借りて(100円)サウナに入った。
(山形の場合、他の地域に比べてサウナのルールが妙に厳しいです。施設ごとにマイルールがあったりして、過去、地元の方に注意されたことも何度かあります。その分、地元の方のマナーは良好。)
お風呂の後は、久しぶりでフルーツ牛乳を飲んだ。ビールもいいけど、フルーツ牛乳はやはり格別。うん。


入浴後はこの日の宿泊地、「道の駅 天童温泉」へ。

道の駅 天童温泉
道の駅 天童温泉

道の駅に車を停めて、道の駅から市街地も近いので徒歩で夕食。
今回は下調べもしてなかったので、何度か行ったことのある「水車生そば」へ。

天童 水車生そば まずはゲソ唐揚をつまんで・・・
水車生そば

その後は、天ザルと思っていたのだが、周囲の人がやたらと鳥中華をオーダーしていて気になったので、「鳥中華」にしてみた。

天童 水車生そば 鳥中華
水車生そば

今や、このお店の看板メニューみたいであるが、蕎麦屋の和風ダシに中華メンで、元々はまかないメニューだったそう。海苔・天かす・鶏肉のトッピングに和風ダシであるが、最初から胡椒がかなり効いていて、この点、どうよ?という気もしないでもない。 次は、鳥蕎麦ですかね。


この日、朝に寝過ごして出発が遅れたこともあって観光もままならず、グダグダな一日であったが、まあこんな日もあるわな。
とりあえず、この日は「道の駅 天童温泉」にて車中泊とした。

飯坂温泉にてのんびり ~ 共同浴場&円盤餃子

道の駅安達

11月8日、道の駅安達は朝から雨。
一旦目が覚めてから寝直して、しばし道の駅でチンタラ・のんびり。

まあ予報通りで、この日は温泉でも行きますかということで、今回は、まだ行ったことのなかった飯坂温泉へ。

道の駅安達から飯坂温泉まで40分くらいですかね。
もっと山奥かと思っていたんだけど、全然そんなことなかった。
温泉街には、2箇所無料の駐車場があって、キャパもそこそこあるので、午前中は空きがありました。比較的訪問しやすい温泉街ですかね。(午後は満車だったかも。)


さて、まずは飯坂温泉最古の共同浴場の鯖湖湯へ。

飯坂温泉 鯖湖湯 入浴料200円
飯坂温泉 鯖湖湯

お昼前という時間帯なので空いていて、入浴していたのは3人、お湯もキレイで気持ちよく入浴できました。
泉質的には、アルカリ性の単純泉で、無味無臭、弱アルカリでヌルヌル感はほとんど感じない。お湯は、やや熱めで45℃くらい。この程度なら何とか。
カランはなし。湯船のまわりのスペースに余裕があり、地元の方は湯船からお湯を汲みながら体を洗ってました。
鍵の掛かる無料ロッカーもありました。
浴室は天井も高く、自然光で明るくて圧迫感はなく、気持ちのよいお風呂でした。


お風呂を出て、ちょうどお昼時。
飯坂温泉といえば円盤餃子であるが、餃子の専門店はたいてい夕方17時に開店。
駅前の観光協会で聞いてみると、お昼に営業している中華屋でも円盤餃子を提供しているとのことで3軒ほど紹介してくれた。

んで、駅から近くの「麺飯酒家 万来」へ。
一組入店待ちで、着席まで20分ほど。

まずは、、、えっと。。。
飯坂温泉 万来
(ノンアル品切れでした)

円盤餃子 
飯坂温泉 万来 円盤餃子
(しかし、F1.8 だとかなりシビア。ボケボケ。)

餃子22個ではあるが、サクッとした食感で脂っこさもなく、一つ一つは小さめ。皮も薄めで、小食のワタクシでも割とすんなり食べられましたよん。途中で飽きたけどね。
餃子の皮は市販のもので、餡も特筆する点もないけど、焼き方はまずまずでした。まあ気分だけでもね。


といった次第で、予定では、午後は硫黄泉の中ノ沢温泉か野地温泉にでも行こうかと思っていたのだけど、結局、飯坂温泉でのんびりということにした。


とりあえず、腹ごなしに温泉街を散策。

飯坂温泉

飯坂温泉

鯖湖湯の周辺は古い建物も残っていて、いい感じ。


旧堀切邸
飯坂温泉 旧堀切邸

旧堀切邸 十間蔵
飯坂温泉 旧堀切邸

旧堀切邸は、江戸時代から続く豪農・豪商の邸宅だそうで、無料で見学できます。
十間蔵は福島県内で現存する最大で最古の土蔵とのこと。主屋は明治時代に再建されたものだそうで立派。建築の知識ないのでよくわからないけど。。。 足湯もあって無料で楽しめます。


そろそろ、お腹も落ち着いてきたところで、2軒目のお風呂へ。

波来湯(はこゆ) 入浴料300円
飯坂温泉 波来湯

こちらは、新しい建物で、午後だったせいか混み合っていてお湯はちょっと濁り気味。鯖湖湯みたいな開放感はなかったです。ロッカー有りで、浴室はカランが4つありました。普通の銭湯みたいな感じ。
雰囲気としては、やはり鯖湖湯が断然いいですね。


帰りは、東北道の福島飯坂~福島西が車線規制という話だったので、福島西ICから東北道に乗って、途中、雨で視界が悪かったりしたけど、渋滞はなくスンナリでした。福島西から自宅まで4時間ほど。まあまあかな。

フリードスパイク メーター

[今回の走行距離] 1001.7km
[今回の平均燃費] 14.1km/l

今回、一般道の走行が少なかったとはいえ、燃費がチト悪すぎ。
最近、なんか燃費が落ちてる気がする。

落葉の磐梯吾妻レークラインへ

11月7日(土)は、友部サービスエリアにて8時半ごろ起床。
早めに出発して、途中のPAにて朝食・トイレ・歯磨きを済ませて、まずは道の駅ばんだいへ。

道の駅ばんだい
道の駅ばんだい

この日は、秋の収穫祭ということでやや混み合っていました。
つきたてのお餅と手打ちの新そば、甘酒が無料で振舞われていて、ちょうどお昼時でもあるし、せっかくなので頂くことに。

道の駅ばんだい お餅
道の駅ばんだい

道の駅ばんだい お蕎麦
道の駅ばんだい

お蕎麦はなかなか美味でした。ちょっとだけどね。
ほどほどに小腹が満たされて、お昼はこれくらいでいっか。という訳でこの日の昼食は無料(笑)。磐梯町いいぞ!!!


それから、ゴールドライン~レークライン~スカイラインの定番コースへ。
紅葉はほぼ期待してなかったけど、やっぱりねという状態。

磐梯山ゴールドラインより 磐梯山は雲の中
磐梯山ゴールドライン

磐梯吾妻レークライン ほぼ落葉というか冬枯れというか
磐梯吾妻レークライン

磐梯吾妻レークライン 中津川渓谷 寒々しい雰囲気
磐梯吾妻レークライン

ほとんど落葉で、そのため普段は見られなかった眺望が開けていたりして、それはそれで悪くはない。(←メリットはそれくらいだけどね)


さらに進むと、スカイラインの入り口付近はすっかり雲の中。
道路管理のヒトがいて、行けるのは浄土平までで高湯・福島市方面へは降りられないとのこと。
この雲の状態では何も見えないし、危ないだけなのでスカイラインは断念。
野地温泉を通って土湯方面へ。

野地温泉付近
野地温泉付近

途中、野地温泉付近ではかなり視界が悪くて、場所によっては10m以下の視界。本当に怖かったので、ライト・ハザード点灯で40km以下で走ったわ。

無事に雲の中をぬけて、土湯の温泉街に寄ってみたが、ここらへんはまだ色彩がありました。

土湯の温泉街にて
土湯温泉街

でも、見頃という感じではないかなあ。


この日のお風呂は、いつもの通り高湯のあったか湯へ。
土湯のこけし湯でもよかったんだけど、やっぱり福島まで来たら硫黄泉だよね。

高湯温泉 あったか湯 入浴料250円
高湯温泉 あったか湯

こんな天気でもやっぱり駐車場は満車で、小雨の中200mほど歩いた。
お風呂は比較的空いていました。程よい冷気で、温泉が気持ちよい季節ですね~。着替えも捗る。


入浴後は、福島市まで下って、イオンでお買い物。
昼飯が軽めだったので、イオンの隣にある「照井」で餃子と思ったのだが、行列していてかなり待たされそうだったのでパス。。。以前は気軽に入れたんだけど、だんだん行き辛くなっちゃいましたねえ・・・。



それで、この日の車中泊地の「道の駅安達(上り線)」へ。

道の駅 安達(上り線)
道の駅 安達

この日は、イルミネーションでいつもより華やいだ雰囲気。

ここで車中泊する場合は、軽食コーナーがイマイチ&19時終了ということもあって、今までは食料持参であったが、今回、事前に調べて、700mほどの距離にトンカツ屋と和食レストランがあることが分かったので、そちらに行ってみた。徒歩で7分くらいです。

カツ亭 熟成ロースカツ定食
道の駅 安達

今回行ったのはカツ亭というお店であるが、うーむ。個人的にはかなり重かったです。おえっぷ。。。
地元の人気店で混み合っていて、食べログの評価も高いのだが、個人的には何故そうなのか分かりませんでした。もっとサクッと軽くて美味しいトンカツのお店なんていくらでもあると思うけど・・・。すみません。


この日、道の駅安達では車中泊組は40台くらいだったろうか。
恒例のDQNの爆音はなかったです。(←これはこれで、余興の一つではあるけんだどねw)比較的静かで平和な夜でした。

道の駅安達 いつもの通り地デジ電波は良好
道の駅 安達

この日も快適な車中泊でした。
何度も車中泊している道の駅であるが、今回、建物内のトイレはウォシュレット付きということに気が付いた。営業時間の9時~18時に利用可能。
以前は、朝食後、ウ○コの時に下り線側に移動したこともあったが、自分の場合、たいてい朝はのんびりなので、その必要もなくなりそう(笑)。
プロフィール

kagekiyo2006

Author:kagekiyo2006
南房総で田舎暮らしをしています。2011年の東日本大震災以後、車中泊でふらっと出掛けることが多くなりました。おもに南房総での田舎暮らしとフリードスパイク車中泊旅行について書いています。あとは車中泊に便利なグッズの紹介なども。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ


FC2カウンター
PR



月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア