花火大会とミニトマトの収穫

夏の海岸
(近所の海岸にて)

この週末もお出掛けは出来ずに地元にて。
日中は時間が取れるのだけど、親の介護のことで夜間に不安があるので遠出は難しい。早くこの状態を何んとかしないと・・・。


22日(土)は、実家近くで花火大会があったので、徒歩で海岸まで見に行って来た。

実家の近くで花火大会
花火大会

花火大会

(やっぱり花火の撮影って難しい。と、毎回同じことを言っているのであるが、その間進歩がないという・・・。)

打ち上げ場所から5kmほどの距離がある場所なので臨場感はイマイチであったが、混雑もなく花火が見られたので良しとしておこう。
車で行けば近くで見られるのだけど、あそこの場合は無駄に交通規制があったりして行く気にならないのよね~。


ミニトマトの収穫
ミニトマト

自宅の庭では、ミニトマトが収穫期を迎えている。品種はアイコであるが、まだ収穫初期なので粒は大きいのだけど、皮が硬くて糖度もイマイチで、スーパーなどで売っているものと比べるとかなり見劣りするかな~。来年はほかの品種も試してみても良さそうか。
スポンサーサイト

夏の海辺での車中泊事情(関東沿岸部の話)

南房総市 白浜の海岸にて
(南房総市・白浜の海岸にて)

この週末は、2日間だけ時間が取れたので、近場の海岸沿いで車中泊。
南房総市・白浜の磯笛公園へと思っていたのだが、7月15日(土)が「白浜海女まつり」があるのをすっかり忘れていた。

白浜海女まつり
白浜海女まつり

山車が通過するのに少し足止めされました。
当然、野島崎周辺の駐車場はどこも満車状態。まだ、海女まつりは見たことがないのだが、祭の見物よりも混雑を避けることを考えてしまうのがなんとも・・・。ねえ。


そんな訳で7月15日(土)日は、道の駅ちくら潮風王国にて車中泊である。
この日、日中は30℃以上の真夏日であったが、夜の気温は25℃ほど。

この日の車中泊の夕食
道の駅ちくら潮風王国で車中泊

この日はイオンのお惣菜にて。悪くはないんだけど、ちょっと飽きてきたかな~。
それと、潮風王国の場合は地デジ電波が悪くてワンセグも映らないので、テレビはAbemaTVにて。最近、よく活用させてもらってます!

夏の海辺での車中泊の様子
道の駅ちくら潮風王国で車中泊

起きている間は、スライドドアとリアゲート全開で。
イスを出して潮風にあたりながらのビールは格別である。
海風があったので、車外はもちろん、車内でもスライドドアとリアゲートを開けておけば問題なく過ごすことができました。
と言っても、そんなことが出来るのも、駐車場が空いていればこそのことである。混んでいたらちょっとキツイかな~。

この日の車中泊組は15台ほど。連休なのでいつもよりは多めであるが、130台の駐車場に15台ほどなので、かなり余裕のある状態でした。
アイドリングしっぱなしの車も何台かいたけれど、夏の車中泊に慣れていそうな方は、皆さんスライドドアを開けて、イスを出して過ごしていました。

道の駅ちくら潮風王国の芝生広場
道の駅ちくら潮風王国

場所によっては、広い芝生広場に面している駐車枠もあるので、芝生スペースや空いた駐車枠にテントを張っている人も居ましたよ(笑)。
マナー云々言う人も居るだろうけど、ガラガラなんだからいんじゃないと個人的には思うがどんなものか・・・。


夏は標高の低いところで車中泊なんて無理であるかのように言う人もいるけれど、本当に夏に車中泊したことあるのか??? と思う。
海辺ではたいてい浜風があるので、風を通せば夏でもアイドリングせずに車中泊できることが多いです。

なので、自分にとっては、房総や伊豆などは夏でも車中泊旅行の選択肢になっている。
もちろん、湿度が高いので高原のような快適さはないし、朝は日の出と共に寝苦しくなって、7時前には起きてしまう。暑くて汗ばんだ状態で目覚めるのはあまり気持ちの良いものではない。
まあ、自分の場合は夜型で涼しい季節には9時まで寝ていたりするが、夏は早起きせざるを得ないから、かえって観光が捗るというメリットがあるとも言えるが。


夏の車中泊では虫対策が必須
どこでもベープ

夏の海辺での車中泊で必要と思うのは、まずは虫対策かな。蚊がブンブンいってる状態では寝られないもの。
個人的には乾電池式の「どこでもベープ」を使っているが、かなり効果的。
「押すだけベープ」がコスパがいいという話も聞くが、まだ試したことがない。買い置きのカートリッジを使い切ったら試してみますかね~。

あとは、ドアに被せるタイプの網戸を持っているが、脱着の手間があるのと目が細かすぎて風通しが悪くなるので、ここ数年使っていない。
USB扇風機も持っているが、風力が弱すぎるのでほとんど使っていない。団扇のほうがよほど実用的である。
個人的には、蚊取りと団扇があれば充分かなと。


ところで、今まで車中泊をしていて職質を受けたことが2回あるが、いずれも夏の季節であり、それも南房総エリアでのことである。
その時は、スライドドアとバックドア全開で、上半身裸でイスを出してビールを飲んでいた時のことなので、まあ仕方ないか(笑)。
しばし、缶ビール片手にお茶目なおまわりさんと歓談となりました。寝るときはしっかり施錠するようにとのこと。その日は運転はしないので、飲酒についてどうこう言われることはなかったですよ。
涼しい季節でドアを閉めて過ごしていれば、コンコンされることもそうはないのだろうけれど、夏の場合はドアが開いているケースが多くなるので声が掛かる機会が増えてしまうのかも知れません。そういうのが気になる方には、オススメできないか。

それと、夏の海水浴場などは、花火でやって来る家族連れが多くなって賑やかなこと。やんちゃな子達が深夜まで騒いでいることもあったりで、治安面でもやや懸念有りかも。

全体として、夏の海辺では海風があることが多く、風さえあれば車中泊も可能であるが、高温多湿で無風の状態だとキツそう。熱中症の危険もあるし、治安面で不安がないとも言えないので他人にオススメはできないが、自分の場合は夏の海辺の車中泊もアリかな、、、といったところ。

夏日とキュウリの収穫と

海岸でビール
(夏日は海岸でビール)

すっかり夏本番の陽気の今日この頃。
夕方、海岸に出てビールを飲むのが気持ちよい季節である。

週末は暑かったので、涼しいところにでも出掛けたいところであるが、最近は親の介護があって、しばらくお出掛けは難しいかも。介護の場合は、休みがなく、それがいつまで続くのか見えないのが辛いところである。さしあたり、ショートステイを利用して負担を軽減できればと考えていたが、思うように空きがなかったりで、それすらも上手く行っていない。

せめてお盆にはお出掛けしたいところであるが、それもかなうかどうか・・・。


庭のキュウリが収穫期
キュウリの収穫

さて、自宅の庭では、キュウリが収穫期を迎えていて、今年はフリーダムにしたがなかなか好調。毎日、スティックやキムチ漬けなどで食べているが、一人ではとても消費しきれないので、かなりの部分が廃棄になっている。かといって、漬物などで本格的に保存を考えるほどでもないし。

キュウリの収穫

もっと、少量づつ長期間収穫できると良いのだが・・・。
キュウリの場合は時期をずらして少しづつ植えるのが吉だろうか。


あとは、ミニトマトのアイコもちらほらと収穫できるように。
既に脇芽だらけのジャングル仕立てになっているが、手を掛けている余裕もないので仕方ない。

今日の記事はこれだけ。
プロフィール

kagekiyo2006

Author:kagekiyo2006
南房総で田舎暮らしをしています。2011年の東日本大震災以後、車中泊でふらっと出掛けることが多くなりました。おもに南房総での田舎暮らしとフリードスパイク車中泊旅行について書いています。あとは車中泊に便利なグッズの紹介なども。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ


FC2カウンター
PR



月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア